スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 新京極通にある寅薬師・・・・西光寺

西光寺

昨夜、映画を観終えた後に通った新京極通りの中にあるお寺です。
今回は、外側だけのご紹介になります。
失念しなうちにアップさせていただきました。
いずれ、中の様子もご紹介したいと思います。

<由緒>(HPより引用)
帝の勅命を受け弘法大師が一刀三礼謹刻され、
寅の日、寅の刻に成就されたため寅薬師と称される。
宮中に奉安され歴代天皇の信仰を受けたが、
弘安年間に後宇多天皇よりこの尊像を下賜された傳慶法印が
民衆の幸福を祈る場として御倉堂を建立したのが当寺の創建とされる。
以来、広く民衆の開運厄除、無病息災、及び寅年の守護仏として親しまれている。

ということで、
ご本尊は寅薬師と呼ばれている薬師如来。

shuin11 (1)
(ご朱印帳にはこのように記載されます)

以前、ご紹介させていただいた永福時や蛸薬師寺同様、
京都十二薬師霊場の一つにあたるお寺。

京都には、こうした霊場巡りをしておられる方は多く、
いわゆり「朱印めぐり」が盛んです。
京都の寺社仏閣巡りでは、修学旅行のように有名なお寺を観光して歩く、
というのも、最初は悪くありませんが、二度目からは
こうした方法もおススメかもしれませんね。

けれど、その際は、ちゃんと由緒はお読みになられるとよろしいですね。
薬師巡りの意味を知らないままでは、回る甲斐がありません。
わたくしも、以前、ご朱印帳持参で20数寺を回ったことがありました。
が、そのご朱印帳、いまではどこにいったやら・・・(汗)
ただ回ることが目的化するとそうなるということで、
京都観光に限らず観光につきものなので、留意したいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。