スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「絵本 地獄」という本が静かに売れているそうです。

絵本 地獄

この「絵本 地獄」という本が売れているそうです。
子育て中のご家庭で、お子さんに、この地獄絵を見せ、

 「絶対死にたくない!」「絶対、こんなところに行きたくない!」

という思いに(生きることへの執着を覚醒)させ、
簡単に自殺などしないような子供になってもらいと、
読み聞かせているとのこと。
何より子供たちが良い意味で変化しているそうです。
なまはげを思い出しました。

異論はありましょうが、
宗教はどの宗教でもこうした脅しを教えの中に含んでいるもので、
愛を説いている宗教でも、根底には信者への脅しと威嚇があります。

「神の教えを守らないと、神の怒りに触れる」
「すべてを捨ててついてこないと、天国には入れない」

宗教的なものを全て教育現場から廃してきた戦後日本、
秋田県は犯罪率が日本で一番低い県として知られていますけれど、
なまはげと関係あるのでしょうか。
秋田県はまた、自殺者が一番多いとも聞きます。
地獄絵図を見せて育てたら変わるでしょうか。

★ご参考までに⇒「絵本 地獄」(←クリックしてご覧になって見てください)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 子育て・教育
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

三つ子の魂

閑話ノート様、こんばんわ!
この絵本、実は、わたくしも欲しいなあと思案中です。というのも、
この絵本に描かれている地獄絵は、千葉県安房郡三芳村の延命寺というお寺の所蔵とあり、
検索したところ、見に行きたいなあと思ったからです。
http://www.jalan.net/kankou/120000/122300/spt_12464ag2130116136/

閑話ノート様も「閻魔さまが来るぞ!」で育たれたのですね。(笑)
わたくしはお寺育ちなものですから、同様に育ちました。
お陰さまで、ダンテ以上に地獄の光景を想像できるような子供になってしまい、
発熱時には地獄の夢でうなされたものでございました。

それで、良かったなあと感謝しているのは、
そうした世界を夢の中でも描けるほど「三つ子の魂百までも」だったわけで、
そこで、実は地獄以上に極楽の話を聞かされ、
その極楽図の方を多く見せられて育ったおかげで、
人生の難関に当たった時にいつも救われてきたように思えるからでした。(笑)

地獄草紙

仏教には地獄草紙や餓鬼草紙がありますね。
子どものころ悪戯をすると、母から閻魔さまがやって来ると言われ、叱られたものです。(^'^)

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。