スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍾馗(しょうき)さま

しょうき様1

京都の町を散策していると、
屋根の上にこうした像が置かれている家をよく見かけます。
魔除なのでしょうが、何なのかしら・・・

しょうき様

屋根の上なのではっきり見えないせいか、
この正体が気に掛かっておりましたところ、
思いがけない形で、やっと、この正体が分かりました!
しょうき様と呼ばれている像で、京都ではあちらこちらで見かけますが、
七福神の像を祀っておられる家もあって、
そのお仲間かしらなどと勝手に思っていたわたくし。

鍾馗(しょうき)さま、難しい漢字を書きますが、見おぼえがあるぞと。

しょうきさま

掛け軸などでよく描かれているアレではないかと。
そこで、調べて見ましたら、ビンゴで、
中国の民間伝承に伝わる道教系の神さま。
京都では、疱瘡などの疫病除けで各家で祀られるようになったそうですが、。
屋根の上に鍾馗(しょうき)さまの瓦製の人形を置いておくと厄除けになる!
という風習は、京都三条の薬屋さんから始まったとか。

唐の時代に鍾馗の伝承が起こり、
日本では江戸時代末ごろから関東で鍾馗を五月人形や絵に描いて飾り、
近畿では屋根の上に瓦製の鍾馗像を置くようになったらしいです。
東京では屋根の上の鍾馗像というのは見た記憶がありませんが、
そういうご家はまだあるのでしょうか。

京都では、この鍾馗像の風習がいまなお生きています。
都をたびたび襲った疫病への記憶もまた、
生きているということなのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。