スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北野天満宮(13)・・・・「稲荷社」

稲荷社への鳥居

この鳥居の向こうに祀られているのは誰でしょう。
初めて北野天満宮に参拝した時には、何せ深夜遅い時間帯でしたので、
気付かなかった末社です。

稲荷社

稲荷社でした。ということで、三つ目の末社のご紹介は、稲荷社。
ここでも鳥居がたくさん奉納されていました。
稲荷信仰の凄さは菅原道真公も受け入れざるを得ないのかも。
末社ながら、狐の神獣は健在で、

P3070575.jpg

小さいながらも威厳があり、
巻物と神宝を咥えて祭神を守護していて、
ああ、お稲荷様だなあと感服させられそうです。

P3070574.jpg

間違いなく稲荷社なのですけれど、
灯明に印されているのは、梅の意匠。菅原道真公の家紋です。
それがとても不思議な感じがしました。
そこで、説明書きを読んでみれば、

P3070570.jpg

稲荷社なので、祭られている神様は稲荷社の神様ですが、
猿田彦命と大宮女命も祀られていました。
ここの稲荷社は、ちょっと他とは違うようです。
火除け稲荷・・・・北野天満宮に祀られている稲荷なので、梅なんですね。
なるほど、と妙に納得。

P3070571.jpg

社の前にも沢山の梅の木があり、紅梅も満開直前という様子で、
柵がない分、顔を近づけて香りを楽しませてもらえました。

P3070585.jpg

白梅も、無論好きですけれど、紅梅もまたいいものですね・・・
つい、見とれてしまいました。
多くの中年男性が高級カメラを手に、
こうした梅を見に来られるのが分かる気がします。
本当に、高貴さを感じさせる品のある、可憐な美しさ。

P3070588.jpg

参拝してから仰ぎ見たら、
社は小さいのに屋根は桧皮葺で、りっぱな古社!

稲荷社 屋根

この末社「稲荷社」のお隣で、
菅公のご先祖である野見宿禰(すくね)が祀られているのですけれど、
その社の屋根よりもずっとりっぱなのです。

P3070576.jpg

こうした桧皮葺の屋根の修繕は、北野天満宮だけではなく、
稲荷社の方からも支援があるのでしょうか。
なんだか、ヘンなことが気になってしまって・・・・
もっとも、北野天満宮の境内には大変な数の奉納が並んでいるので、
そうした費用の心配はしなくてもよろしいのかもしれません。
何といっても「国家鎮護」の神様として、
皇族から一般庶民に至るまでの多くから、
篤い崇敬を得ている天神様ですものね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

閑話ノート様

閑話ノート様の氏神様はお稲荷様でしたか。
流石に諏訪大社のあるところ、お稲荷様ありでございますね。
各地にお稲荷様はあれど、稲荷講が開かれるところとなりますと、
やはり由緒のあるとことに限られます。
そうした氏子の方たちがおられるからこそ、
伏見稲荷大社は神社庁に属さずとも隆盛を保持できるのでしょうか。
すばらしいですね!

王稲荷神社と呼ばれるとのことですが、
熊王とか白王などのような、「★王」というふうな呼び名から変じたものでしょうか。
王稲荷という呼び名は由緒のあるお稲荷様です。

境内の清掃、ご苦労様でした。

お稲荷さん

稲荷神社は全国各地にありますね。日本が農耕民族だったことがよく分かりますね。写真の狐が可愛いです。

さて私事で恐縮ですが、拙宅の氏神様も稲荷社です。なぜか王稲荷神社と呼びます。同じ氏が集まった稲荷講があります。例祭は一般的には2月の初午祭に行われるようですが、私たちの講は毎年彼岸の中日(春分の日)と決まっております。明治期だと思われますが、先人たちが本宮の京都伏見稲荷大社へときどきお参りしたと聞きます。代表が2~3人で詣でたようです。講員・氏子が皆で旅費を工面したのでしょう。中山道(木曽路)を歩き、入京したものと思われます。今年の例祭もまもなくやってきます。そんな訳で明日は神社境内の清掃で駆り出されます。

ムネ様

懐かしんでいただけてなによりでした。境内は、ただ歩いているだけでも
どこからともなく梅が香ってきて、多くの参拝の通行人を喜ばせておりましたよ。
顔を近づけると幸せな気持ちになりました!梅は、やはり素敵ですね・・・

懐かしい風景です

息子が京都に住んでいた頃、何度か行きました。もう春ですね。梅の香りがここまで香ってくるようです。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。