スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金沢に行く(1)・・・・金沢の金箔

CA3J2238.jpg

先週、所用で金沢に行くことになり、
その機会に、金沢ミニ旅行をして参りました。
やっと休みになった娘も同行。娘は美術館巡り。
ちょうど「21世紀美術館」で面白い企画展をやっていて、
とても充実した見学ができたようです。
それは機会があれば改めてご紹介するとして、

さて、金箔!

何といっても金沢は金箔の文化の地。
その生産量は、国内の99%を占めているそうですから、
加賀百万石を支えた金沢の金箔文化は他の追随を許さないほど。
金沢旅行は今回が4度目ながら十数年ぶり。
改めて北陸の「小京都」に感じ入ってしまいました。

CA3J2239.jpg

漆器の金箔や金箔工芸品は言うに及ばず日用品のあらゆるものに至るまで、
お土産品に金箔が貼られているといっても過言ではないほど。
お料理のみならず、町中の喫茶店では珈琲まで金箔入り。

というわけで、お土産に娘が選んだのは、
まさかの、金箔入りのお菓子と、

CA3J2242.jpg

よもやの、金箔入りローションでした。
(不純物ゼロのゴールデンローション、4500円!
同じ形のボトル入りのジェル状ローションが、製造元によって価格がまちまちで、
千数百円からありました。う=)


ちなみに、わたくしは、やっと、
割られてしまった九谷焼の絵皿の代わりを、
十数年ぶりに仕入れてこれて感無量でした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史・文化にふれる旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

Ikumiさま

金沢伝統の金箔製造は、もう奇跡に近いような技術です。
1万分の1ミリという薄さにまで金箔を打ち上げるのです!
それも、手仕事です!その金箔の職人さんも九谷焼の陶芸職人の方同様に、
随分いなくなられたそうで、後継者問題は加賀友禅同様、
大変深刻なものになっていると伺いました。

伝統工芸に対する国民教育を怠ってきたツケですね。
いまからでも間に合うと信じ、これからも各地域の教育委員会や各学校に、
提言していきたいと思います。政権も変わりましたので、
文科省にも提言していきたいものです。

ところで、 Ikumiさんも平泉に行かれたのですね!
わたくしも去年、久しぶりに平泉を尋ねました。
金色堂他の写真をブログでご紹介したいなあと思いながら、
こんなに時間が経ってしまいました。(汗)

むふー金箔で一番先にイメージしちゃうのが中尊寺の金色堂、初めて訪れて目のあたりにした時は、その歴史を思うより先にこの金はなんぼなんだ~って賤しい感情を抱いてしまった。金って不可思議な存在だ。gold→moneyとして辿ってきた歴史のせいなのか、人間には美術としての美しさの他に、なんともヤルセナイ魅力を感じてしまう。
 金を食すとなると、なんとゴージャスな事かww
ちょと金箔の製造方についてネット検索してみた。
1㎤から10m四方の広さもの箔が製造できるんだね。
って事は、金色堂で使用してる金はべらぼうな量の金ではないんだなーなんて知って安心した。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。