スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから2年(3)・・・・東北大震災の13倍「南海トラフ」巨大地震の被害総額(原発被害を除いた経済的損害の想定)

東海沖から九州沖に続く「南海トラフ」のこと、
いまだに他人事だと思っておられる方は、
よく心に留めていただき、周囲の方たちにも伝えていただきたい。
一時的な話題として提供するためでも、煽るためでもなく、
自衛のための想像力を促すためにです。

被害は、この、10倍から13倍になるそうです。

2011.3.11 NATORI
(2011年、3月11日・震災直後の宮城県名取市)


2011,3,12
(2011年3月12日・地震と津波に襲われた被災地の翌日)


南海トラフ地震の被害想定が、昨日、発表されました。
南海トラフについては以前もここのブログで取り上げましたが、
静岡県の駿河湾から九州東方沖まで続く深さ約4千メートルの海底のぼみ、
そこを南海トラフと呼んでいます。
そこで、そう遠くない未来において発生すると言われている巨大地震。
それが発生した場合、どうなるか。前回は死傷者の想定人数が公表されました。
今回は、この地震が起こった場合の経済的損害の公表です。
その額は最悪で220兆3千億円

わが国の国家予算の2年分を上回り、
休戦協定を一方的に破棄した隣国の国家予算2000億円なら、
およそ45年分。東日本大震災の約10~13倍、
阪神大震災の約23倍に相当する被害額です。

被災地は40都府県に及び、
発生1週間後の避難者数は最大950万人。

なぜ、東北の普及復興を急がねばならないか。
被災者の方たちの救援という必要性ばかりではないのです。
南海トラフ大地震が発生した場合、
被害がない(あっても、軽微とされる)のが北海道と東北6県なのです。


2013,2,19 the shore in Rikuzentakata
(2013年2月19日・岩手県陸前高田市沿岸部)


上の写真は震災から2年後の被災地の様子です。
地震発生後の被害者は950万人と推定。
帰宅困難者というだけではなく、
ローンで建てたマイホームの我が家も財産も失い、
家族との連絡が取れないどころかその家族も失っているかもしれない。
傷ついていても受け入れてもらえる病院もない。
そういう950万人かも知れない。
東北が震災後立ち上がれないままでいたなら、いったい、
それだけの人間を、どこが、誰が、どの自治体が、
受け入れられるというのでしょう。


2011、3、29、陸前高田海岸
(2011年3月29日 震災から2週間後の陸前高田市の様子)


2013,3,7 名取
(2013年3月7日の宮城県名取市の様子)


上の写真は、被災した街の、あれから2年後の現在の様子です。
瀟洒な住宅地で別荘もたくさんあった街でした。

ちなみに、南海トラフ大地震が発生した場合、
ここ京都府の経済的な被害は4・5兆円。
避難者は34万人に達すると見込まれました。
いったい、どこに避難できるというのか不明ですが、
断水は230万人、停電は150万軒に及び、
帰宅困難者は29万~35万人発生するそうです。

★ご自分が住んでいらっしゃる自治体の被害想定をぜひご確認ください。

米どころのはずの東北が被災したまま復旧されないうちに、
南海トラフ大地震が発生したならば、いったい、どこが、誰が、
どの自治体が、食料や毛布や医薬品を支給できるというのでしょう。
機能できないままの自治体が山ほど発生するかもしれないのに、
京都一つでもこれほどの被災者が発生するというのに、
被災者の水や食料や毛布を、現実的な問題として、
どこが、誰が、支援保証できるというのか。
なぜ、東北の農業や産業の復旧を急がねばならないのか。
ここまで、申し上げればおわかりいただけるはず。

仮に、今般の東北大震災のように、
南海トラフ大地震がマグニチュード9クラスとならずとも、
東海・東南海・南海地震が連動する可能性は残されており、
その場合も大規模な地震と津波は起こるわけです。

だから、

東北の復旧復興は、日本全体の問題なのです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

Ikumiさん

震災後の夜空の星の輝きを、わたくしも忘れられないでいる一人です。
多くの人が亡くなった夜だというのに。

震災後、テレビで見たのか新聞で読んだのか記憶が定かではないのですが、
仙台の若林区にある浪分神社のことを知りました。
慶長三陸地震でそこまで津波が来たという目印にされた祠で、
以前の震災で震災で亡くなった人たちの慰霊と
二度とこうした災害で人が亡くなることがないようにと、
祈りを捧げたお稲荷様の社が創られ、それが移築されたとのことで、
震災の古い歴史が記憶されたお社とのことでした。

そこ場所から想定された津波の高さは、20メートルとも・・・。
マグニチュードも8以上とのことだったと言っていたように思います。

>伊達正宗はどんな思いで復興事業に取り組んだのか

年表によれば、慶長の大地震は1611年。
伊達正宗公が仙台城(青葉城)の1601年。
100万人の工夫で築城を始めてすぐの頃に関ヶ原の戦があり、
その数年後に沿岸部が大津波に遭い、
その震災の2年後には大阪冬の神ですから、
人々は堪らなかったことと思います。
当時の藩の領土内の農民に隠れキリシタンが増えたのも
そうした震災後の事情があったからではないかと。

伊達正宗公が万石浦からエスパーニャ(スペイン)に向けて
サン・ファン・バウティスタ号を出航させたのは
スペインとの通商を企図したからと言われますが、
ダメージを受けた仙台藩の領民のために、心機一転、
戦ばかりしている国内から目を外に向けて
経済復興の振興策を考えたのではないでしょうか・・・

石巻日日新聞・・・老親が購読しておりました。
夢回帰船という劇団のこと、弟の友人が参加していたように思います。
地域にそうした市民劇団が出来たなんて素晴らしいという話で
盛り上がったことがありました。わたくしの友人も、
仙台でシェークスピアの劇団を主宰しております。

多くの人が震災後の暮らしに苦悩し、心に傷を負っているいま、
劇団という存在をどのように考えたらいいのか、
わたくしには分かりません。けれど、
人はパンのみにて生きるにあらずです。

現実から離れた異空間でしばしの時間を過ごすこと、
芝居を見て共感すること、芝居を見て笑うこと、泣くこと。
そういうことって、生きていく上で、
とても大事なことなんじゃないかという思いです。
だから、わたくしも時間があれば映画を観ます。絵画も観ます。
神社仏閣にも参拝に行きます。古代史の勉強もします。
そうしないと、いま、何かが壊れていきそうだから。

ただ、こういうことって、たとえ、震災後であっても、
芝居をする側の方たちにも強制はできませんし、
ましてやお客様に対しても強制はできません。
そうでなくても、震災支援イベントで、
疲れている人たちもいらっしゃるのですから。

でも・・・

動機はなんであれ、やってみようかな、やってみたいな、
と思われたことはやった方がいい。わたくしはそう思います。
やらないで後悔するより、やって後悔することの方がずっといい。
なぜなら、生きていれば、後悔したことは無駄にはなりません。
勉強させてもらえたことになり、
その後の人生に活かしていけます。

わたくしも震災後、ささやかながら勇気を出して京都に転居し、
日々微力ながら頑張っております。
これでよかったのかと思うことも多々ありますけれど、
亡くなった友人達のことを思うと胸がつぶれそうになりますけれど、
でも、いまは、思考停止を自分に許して前を向いて暮らしております。
ikumiさん、思いのままにやってみては如何でしょう。


あれから2年、あの日のお星様が、とても綺麗でしたね。なんで綺麗だったんだろって思い返してみたら街の電気が断絶されて真っ暗だったからか~なんて、他愛もない事に気づきました。
慶長16年10月28日慶長三陸地震は資料不足ですが東日本大震災と同程度の津波が押し寄せたのではないかと想像します。
伊達正宗はどんな思いで復興事業に取り組んだのか興味あるところです。
石巻石巻日日新聞1月30日(暖流寒流)コラムで船大工を主人公にした創作劇「夢回帰船物語」を再び鑑賞したいという声を聴きました。
夢回帰船とは私も参加した思い出深い市民劇団なんです。
もう1回やろうなんて声が高まったらみんなその気になってくれるかな~~

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。