スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の政治家の皆さま、この女性をご存知ですか?

彭麗媛2

この記事のタイトルをどうしたものかと思案しました。
そして、「日本の政治家の皆さま、この女性をご存知ですか」に。

韓国の美人女優が、ドラマで軍服を着ているのか?
いや、韓国というより、中国美人じゃないか?
そう思われた方は、近隣諸国の美人について造詣が深い。

では、軍服姿ではない姿をご覧いただきましょう。
資生堂のコマーシャルに出ている美人か?

彭麗媛3

誰だろう...恐らくそう思われた方が圧倒的に多かろうと思われるので、
早々に種明かしをしたいのですが、
その前に、以下の女性はご存知ですか。
冒頭の女性のその後の姿です。

彭麗媛4

歌手だった女性なので、歌手ではありますけれど、
美空ひばりさんではありません。異国の女性歌手です。
でも、美空ひばりを彷彿させるほど、堂々たる方ですよね。
聞けば、国民的な人気を誇る歌手でいらっしゃったとのこと。

では種明かしです。この女性は、隣国、中国の習金平総書記の奥方です。
そう、中国のファーストレディ、彭 麗媛(ポン・リーユアン)さん。

ええっ、と驚かれた方、政治家であるなら、
まずは知っていただこうと思いました。

冒頭の写真はお若いころのもの。
現在はこちらです。彭 麗媛(ポン・リーユアン)51歳。
まさに、円熟の美しさと落ち着きと、そして、
若いころに劣らぬ華やかさを併せ持つファーストレディです。

彭麗媛

習総書記の就任後の初外遊に同行されていて、
外交で点数を稼いでいらっしゃる。
それで思い出されたことがありましたので、記事をアップさせていただいた次第。

美人三姉妹の次女が、中国の革命の父と呼ばれる父孫文の妻となったと言えば、
歴史をご存知の方は、これからわたくしが話したいことが何であるか、
おおよその察しがつくかもしれません。
中国の名士チャーリー宋と呼ばれた人物の娘として生まれた三姉妹のこと。

長女の宋 靄齢(そう あいれい)は大財閥の当主と結婚し、
次女の宋 慶齢(そう けいれい)は、孫文と。
三女の宋 美齢(そう びれい)は、蒋介石と結婚。

つまり、長女は財閥と。次女は中華人民共和国の父と呼ばれる男性と。
三女は、その中国共産党と敵対して台湾に逃亡した中華民国のリーダーと、
それぞれ結婚したわけですが、いずれも普通の妻ではありません。

「一人は金を愛し金と結婚し、
 一人は権力を愛して権力と結婚し、
 一人は国家を愛し国家と結婚した」

そう言われるほどの女性たちで、
中国の近現代史において稀な才能を発揮した人物たちでもあり、
次女も三女も大変な時代に夫を支え夫亡き後は自ら政治家になっているほどで、
いずれも先の戦争の折り、日本に大打撃を与えた美女たちです。

宋家の三姉妹」だったか映画化されているので、
ご存知の方も多かろうと思いますが、
映画をご覧にならない方は、ここで知っていただきたいなあと。
この三姉妹のことを、つい、思い出してしまったのは他でもありません。

日本がアメリカとの戦争を回避するために奔走していたころ、
彼女たちは母国中国の立場をアメリカ全土を回って演説。
それも英語でアメリカ国民に訴えたことで、
日本と中国に対するアメリカの世論が変わってしまったからです。
政治家も国民も美女姉妹がやってきて、
その国の言葉で自国の窮状と支援を訴えられ、
そこで自国を苦しめている相手国の非道を大言壮語されたなら、
さて、どういう感情を抱くでしょう。
お陰で日本は問答無用で「悪役」にされてしまいました。

そんなことは昔のことだなんて思っていたら、
また同じことが繰り返されるかもしれません。

なぜなら、この彭 麗媛(ポン・リーユアン)さんは、
いまはまだ静かに目立たないようにふるまっていますが、
その華やかさは隠しようがありません。
歌手活動を通じて英語の勉強も相当してこられたとの情報もあります。
ちなみに、ご息女は、いま、ハーバード大学に留学中です。

議員外交の特権を有する国会議員の皆さま、
外遊時に奥方を同行させず、
地元の後援会の世話役ばかり任せておられるようですが、
歴史に鑑みて、そのような感覚ではしてやられると、
世界で太刀打ちできなくなるのではないかと、
案じられてなりません。

将来、総理にならんとされる方がおられるなら、
ファーストレディには何が期待されるのかということを、
そして、ファーストレディなればこそ出来るということを、
よくよく考えていただきたいと思いました。

いえ、ご自分の妻は愛の対象だと、
政治家の仕事は自分がするものだから妻は個人的なものだからと、
思われてもいいのです。ただ、せめて、敵対関係を時にあからさまにし、
わが国の領土を平気で侵犯してくるお国ですから、
そうした隣国のファーストレディは要注意だということくらい、
肝に銘じていただけたらと思います。
いずれ、日本にもお見えになるかもしれませんから。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : これからの日本
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。