スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 平野神社 Hirano Shrine (1)・・・・ご祭神の謎

P4113097.jpg

桜の名所の一つとして有名な平野神社、
桜の開花の時期には老若男女の参拝客が増えて、
境内は、市民の憩いの場、参道は、宴会の場になっています。

何といってもここの桜は平安時代に植樹された古木ということで、
品種というか種類が多く、珍しい桜が境内のあちらこちらで見られるので、
遠方からの団体客、見物客がこの時節は絶えないようで。

というのも、この平野神社、

P4113022.jpg

いわば、臣籍降下した古代の氏族の氏神を祀るゆえに、
お公家伝来の「家の花」としての桜が多く奉納されたところで、
そのため、桜の種類が多く、種類が多いというのは、
開花時期に時差がある桜が多いということで、
昔の平安時代には、貴族がそれらの桜を長く楽しんだことでしょう。

その桜を庶民が楽しめるようになったのは、江戸時代。
初めて、庶民に夜桜見物が許されるようになったそうです。
驚きますね・・・以来、平野神社の夜桜は、
京都を代表する花見の名所になりました。


P4113072.jpg

冒頭の写真のご本殿は、国の重要文化財です。が、
ご祭神は、桜と違って意外と知られていないのではないかと思います。
なので、この機会にご紹介させていただきますね。
祭神は4座あります。

今木皇大神(いまきのすめおおかみ)
久度大神(くどのおおかみ)、古開大神(ふるあきのおおかみ)
そして、比売大神(ひめのおおかみ)とのこと。
わたくしも、京都に引っ越して神社仏閣を廻るようになって初めて、
こうしたご祭神を知りました。

よく分からない神々ですね・・・が、神社では、
こうした名前ではよく分からない神々、
つまり、本来の正体を隠した(正体を伏せられた)神々によく出遭います。
古代史を勉強していると、実に悩ましいことの一つでもあります。

今木皇大神(いまきのすめおおかみ)って、
その呼び名からして半島出身だろうと思われ、
比較的新しく渡来した氏族(出身)の神かもしれません。
少なくとも、当時はそうした受け入れられ方をしていたのではないかと。
境内にあった摂末社で祀られている神々の方が、実は、ずっと古く、
今木皇大神なる者は、いつしかその神々に代わって、
祀られるようになったのでしょう。

活力生成の神とされていますが・・・、それこそ、
当時の「時の権力者」の氏神ゆえのことでしょう。
つまり、藤原一族の氏神ということかなと察しがつきます。
他の3神も、元々祀られていた神々が別名となることで、
実質、藤原氏によってすり替えられてしまった神々かもしれないなあと。
いずれにせよ、謎のご祭神です。

本殿前では中が見えないので分かりにくいのですけれど、

P4113098.jpg

ここのご本殿は、南殿と北殿の2棟が2殿一体とされ、
平野造(あるいは、比翼春日造り?)と呼ばれる建て方。

P4113099.jpg

他の神社では見られない造作ながら、見事なものだなあと。

P4113100.jpg

神社の祭神には「神階」というのがあって、
いわば、神様のランク付けですが、
ここの祭神の今木皇大神(いまきのすめおおかみ)は、
なんと、正一位(しょういちい)とありました。

他のご祭神(久度大神と古開大神)が、正三位、比売大神は正四位。
主祭神は、今木皇大神ということになりますがね。
このご祭神、平安時代から急に神格が上がったとのことで、
その背景とこうした神社のご祭神の神階を見ていると、
当時のことがいろいろと推察されて興味深いです。

P4113096.jpg

P4113102.jpg
(拝殿)

ということで、
桜の時期の平野神社のご紹介となりました。
この機会に、平野神社とそこの桜のご紹介もしたいと思います。

もう散ってますよ、と言われた平野神社の桜、
冒頭にお話したように、ここの神社の桜は開花時期がまちまちなので、

hiranojinnjya buroguni3

まだまだお花見ができると思った通り、ぎりぎり間に合いました。
昨日思い立って出かけて参り、十分楽しんでこれた次第です。
それら桜の様子をご紹介した後で、
続けて、この神社のことも見ていきますね。
ご一読いただければ幸いです。


★お気軽に1クリックを、(=^^=)
 ↓
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。