スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新緑の京都大原・・・「三千院」Sanzen Monzeki Temple(1) 釈迦の五戒を読む

新緑の大原で今回最初に尋ねたのは「寂光院」でした。

その降りる際、「寂光院にはタクシーはなかなか来てもらえないですよ」
タクシーの運転手さんにそう言われました。
そのせいか、有料で待ってもらっている方たちもおられたようですが、
1日乗車契約でタクシーで大原巡りをされる方はともかく、
迎車がこないなどということはありません。
寂光院の受け付けでタクシーを呼べますから、
時間を気にせずゆっくり歩いて見て回っても大丈夫です。

ということで、寂光院から三千院へ。ほぼ基本料金で7、8分。


P5034194.jpg


三千院と言えば、最初に、
誰もがイメージする山門の写真をここでご紹介すべきところでしょうけれど、
ここのブログでは、まず、こちら(↓)をご覧いただきたく思います。


P5034199.jpg


「死ぬな」「殺すな」と並べてあります。
「殺すな」は、どの世界宗教でも最初に挙げられているものと思いますが、
「死ぬな」という「教え」がそれと同列に出てきます。


このことに衝撃を感じられられないでしょうか。釈迦の5戒めを現代語にしているものですが、モーゼの十戒は知っていても釈迦の五戒は知らない。そういう日本人がインテリとして跋扈する日本では、キリスト教は布教の自由化が進んでも信者は一定数以上にはならないことを思うと、いかに、葬式仏教と揶揄されようと、わたくしたち日本人のDNAの中にはこうした仏の教えが受け継がれているのかもしれませんね。


P5034198.jpg
  

三千院というと四季折々の庭園の見事さをイメージしますけれど、
ここは、最澄ゆかりのれっきとしたお寺。

天台三門跡の中で最古という由緒あるお寺ですから、
こうした戒めを、まず、見てみたいと思いました。


P5034197.jpg


このように仏教の教えが、ちゃんと院内の壁や廊下に張り出されています。
次の「戒め」をご覧ください。

P5034196.jpg


凄い言葉です。

現代人にとって良い戒めではないでしょうか。
頼るな溺れるなは、私見では「甘えるな逃げるな自己正当化するな」
この「不飲酒戒」の教えの真意は、まさにこれだろうと思います。

人は一人で生きているわけではなく、
また、強い人ばかりではないし、いかに強い人でも一人では生きていけない。
だから、頼ってもいい、けれど、甘えるなということです。
また、どんな人でも耐えがたいことは起こる。
そんなときは、現実からしばし逃げるのもいい。
ただし、それは緊急避難的なものであって、逃げ続けてはいられない。
いつかは、現実に向き合って解決しなければならない。
仏教というのは、現実と向き合うことを教える。
そういう宗教だということに改めて思い至ります。

自己正当化して逃げ続けていると何かが腐っていく。
頼るの先に溺れるが待っている。そして、やがて死ぬ。
そんなふうに死ぬなという戒めに繋がっていきます。


P5034200.jpg


周囲の方はほとんど先を急がれて、御本堂の往生極楽院に向かわれるせいか、立ち止まってご覧になる方はほとんどいらっしゃらなかったけれど、三千院に行かれたら、こうした戒めの教えに眼を向けてみるというのもよろしいのではないかと思われました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

りんたろうさん

りんたろうさん、早朝のコメント、ありがとう。
ここのブログにお越しくださるのに、もしかしたら、
インターネットカフェからでは・・・
そうした御足労をおかけしたのではないでしょうか。
そうだったとしたら、ごめんなさい!
拙ブログ(FC2)がiphoneでは表示されないとのこと。
娘にも言われております。なぜなのか分からず、
お役に立てなくてごめんなさい。

京都にお越しの折りは、ご連絡くださいね。
ご心配おかけしてしまいましたが、体力が回復したならば、
三千院でもどこでもご指定の所に伺えますから。(=^^=)

No title

 リニューアルされてからは「はじめまして」ですね。ご無沙汰しておりました。パソコンが重くなってきてからはパソコン自体機動する事が減り、iPhoneからはこちらのブログは何故か文字が表示されず、で。。。
 
 三千院、素晴らしい庭園ですね。毎年京都に行ってますが、行く度に庭園の美しさに見せられています。南禅院みたいな所に住みたいな、と思ったり(笑。
 次回は三千院まで足を伸ばしてみようかな。

 また来ますね!暑くなって来ましたが体調崩さしませんように!

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。