スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 葵祭(2013) ・・・・ 「路頭の儀」(8)

P5154543.jpg

命婦に続いくのは、女嬬(にょうじゅ)たちのようです。
女嬬(にょうじゅ)というのは、「めのわらわ」のことで、
律令制度の宮廷で、身分の高い女性たちに仕えた女官たちです。
高校の古文で出てくるあれです。

P5154544.jpg

そう思って見ていると、
花傘付きの女性たちも出てきますから、
こちらは、命婦なのでしょうか。
女嬬より一段、身分が高いので、花笠付きなのでしょうか。
命婦にもいろいろ身分があるようで、
宮中の女性の身分というか序列って、
イマイチ良く分からないです・・・

P5154545.jpg

P5154546.jpg

P5154547.jpg

御輿に乗っているのが斎王代ですね。
斎王というのは、賀茂神社の神々に仕えるために、
皇室から差し出された内親王ですから、
その名代の女性ですね。

P5154548.jpg

P5154550.jpg

大人に混じってこうして現れる童女たちも、
不思議な感じがしますね。
現代の「子供観」では理解できないものが、
こうした儀式における童の存在というものの背景にありそうです。

P5154551.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。