スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御霊神社(上御霊神社)(9)・・・・末社

P3120908.jpg

この御霊神社で、
驚かされると同時に、とても興味深いと思われたのは、
ここに勧請されている境内にある神社です。
すでに、八幡宮と稲荷神社、神明神社はそれぞれ
別個に一つの社として祀られているほどでしたので、
先にご覧いただきましたけれど、
こちらの厳島神社も別個の社して建てられています。

P3120904.jpg

御霊信仰の中心的な神社ゆえ、平家滅亡後に勧請されたのでしょうか。
手元に資料が見つかりましたら、間違っていたら後で、
訂正させていただきますね。
ご祭神は、ちなみに、以下の3女神です。
  市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)
  田心姫命(たごりひめのみこと))
  湍津姫命(たぎつひめのみこと)

この3女神同様に、
古代史に興味をお持ちの方にとっては
以下のリストをご覧になればワクワクされるかもしれません。
ここ御霊神社に勧請された境内にある神社群・・・

・神明神社
・稲荷神社
・厳島神社
・花御所八幡宮
・大舞神社
・天満宮社
・多度神社
・貴船神社
・粟島神社(粟島神社)
・白髪神社(疫除社と合祀)
・長宮三十社

他の神社では見かけない神社も少なくなく、
長宮三十社の神社名はとても興味深いものでした。
今朝は、そうした末社摂社をご紹介したいと思いますので、
日本古代史や神社仏閣にはさほど興味はないんだけど・・・という方は、
どうぞ、このページはスルーしてくださいませ。(=^^=)

P3120910.jpg

この大舞宮では、ご祭神が猿田彦(さるたひこ大神)と分かるまで、
う~んと唸ってしまいました。舞うという文字から、
天宇受売命(あめのうずめのみこと)を祀っているのかと考えたり、
彼女と対応関係にある猿田彦かもしれないと思案したり。

P3120913.jpg

ご祭神は申し上げるまでもないですね。菅原道真公です。

P3120914.jpg

多度神社ゆえ、ご祭神は、天津彦根命(あまつひこねのみこと)です。
三重県の多度大社の祭神です。そこからも勧請したのは、
怨霊によって日照りが続いたときの雨乞いのためでしょう。
あの天照大神のご子息であり、また、
非業の最期を遂げたりもしていないので、
怨霊と派無縁のご祭神です。

P3120915.jpg

このご祭神、誰かが分からず調べてやっと分かりました。
高龗神(たかみのかみ)といいますが、実は、
今度はこの神が分からない!う=
もっと勉強しないとご説明不可であります。ごめんなさい!

P3120916.jpg

ご祭神は、少彦名命(すくなひこなのみこと)

P3120917.jpg

ご祭神は、猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)、
合祀されている疫除神、最初は少彦名命(すくなひこなのみこと)かと思ったら、
素盞嗚命(すさのおのみこと)=スサノオでした。

こうして出雲神が2神ここに祀られているのは、
庶民の信仰の現れでしょうけれど、この御霊神社の地がもともと、
鳴くようぐいす平安京の794年の平安遷都以前、
この土地が出雲族の居住地で、ここに、
出雲一族の氏寺である寺(上出雲寺)があったことに因るのかも。

P3120912.jpg

とにかく、御霊神社の末社摂社をご紹介するには、
一日では足らないですね。(=^^=;)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。