スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の奈良へ・・・秋篠寺

PB169698.jpg

晩秋の奈良で陵墓巡りをした後、
紅葉を愛でに秋篠寺に立ち寄ることに。


PB169683.jpg
(秋篠寺 東門から入りました)


すでに紅葉も終わりかなと思っていただけに、
ぎりぎり間に合ったようでした。
今年眺める最後の「紅葉」でしょう。
境内の他の紅葉はすでに散っておりました。
次回は、もっと早い時節に訪れることに。


こちらは、東門を入ってすぐのところにあります。

PB169687.jpg


中には入れませんが、香水閣と呼ばれているところ。
平安時代、ここにある井戸で、常暁という僧侶が、
閼伽井の水面に映る大元帥明王像を感得したとされるところ。


PB169689.jpg


ここの苔はいつ見ても手入れがなされていて、
見ていて気持ちがいいほどきれいですね。
そして、混み合う季節であっても境内はいつも静かです。

この秋篠寺は、光仁天勅願のお寺と言われますが、
光仁天皇といえば、怨霊信仰が盛んになった時代の天皇のお一人。

皇后だった井上内親王が呪詛した嫌疑で、
皇子の他戸親王とともに身分をはく奪され(廃后・廃太子、)
幽閉先で急死(暗殺されたとも言われています・・・)
この事件は、新たに皇太子に立てられた山部親王(のちの桓武天皇)と
藤原百川らによる陰謀とも言われているおぞましい事件です。
皇后の井上内親王という女性の父親は、あの聖武天皇。

どうも、天武系と天智系の間には何かありそうですよね。


その後に、天変地異が続いたのを恐れた光仁天皇らは、
さぞかし、怨霊に怯えられたことでしょう。
秋篠寺が勅願時になったのが776年なので、
まさに、讒言(ざんげん)による冤罪(えんざい)での流罪と死を、
自分の妻と子に与えたわけですから、寝ざめも悪かったに違いなく、
秋篠寺はその怨霊鎮めのためのお寺にされたわけです。


ちなみに、墓所は母子が暗殺されて亡くなった奈良県五条市にあります。
丁寧に案内しておられるサイトがありましたので、
リンクを貼らせていただきました。
関心を持たれた方はクリックしてご覧ください。


こちらは大元堂です。秘仏の大元帥明王像を安置されています。


PB169692.jpg


もともと誓願時で、鎮護国家・戦勝・外敵降伏が祈願されてきたお寺のため、
朝廷以外は拝観も厳禁された「太元御修法」のご本尊。
現在、毎年、6月6日にのみ一般公開されます。

そして、最後にご紹介させていただくのが、そのご本堂。


PB169695.jpg


外観上からも、
奈良時代に建立されたとばかり思っていましたが、
建築鎌倉時代の再建されたものとのこと。

実に簡素なご本堂ですが、
本堂の内部はさらに素朴で土間になっています。
そこに、本尊薬師三尊像(重文)をはじめ十二神将像、
地蔵菩薩立像(重文)、帝釈天立像(重文)、伎芸天立像(重文)
などが安置されています。
今回、中に入れず残念でした。


ここで、光仁天皇は、治まらない天変地異を前にして怨霊を恐れ、
何度も「大祓」の法要を執り行われたのでしょう。

以来、数百年に渡って皇室との縁の深い寺院の一つですが、
秋篠宮家の名はここの秋篠寺に因んでいます。


秋篠寺の鎮守の社「八所御霊神社」も、
なかなか雰囲気のある神社でしたので、別の機会に。




(この記事は2013年6月20日にアップしました。時々、思い出したように、こうした旅の記録を載せたりしておりますので、よろしければ、ブログサイドの項目の「ささやかな旅」をクリックしてご覧いただければ幸いです)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。