スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の奈良へ・・・神功皇后陵

PB169677.jpg


忙中閑あり。ということで、
ホテルをインターネットで予約し電車に飛び乗り、
晩秋の奈良へ。思い立ってのことながら、
タクシーを借り切って、まずは、神功皇后陵。

一度、ここに実際に立ってみたかったのです。
思いにふけりながらしばし時間を過ごし、
やはり、むくむくと湧き起こってくる思いがあり、
どうしてここに神功皇后の陵墓があるのかと。やはり、
釈然としない思いでした。



PB169680.jpg


★説明や感想は省略させていただきますね。
代わりに、興味を持たれた方のために、こちらのサイトをご紹介します。
長文ながら丁寧に説明されていますので、委細はクリックしてご覧ください。


次に向かったのは、近場にある成務天皇陵と日葉酢媛命陵。


PB169678.jpg


第13代天皇とされる成務天皇(せいむてんのう)、
育ったところは大津坂本穴太町、
政務を執り行った宮も志賀高穴穂宮で、いずれも滋賀県大津。
なのに、ヤマトの天皇にされています。

国風諡号が稚足彦尊(わかたらしひこのみこと)なので、
いわゆる、和風諡号に「タラシヒコ」がついているため、
父である大足彦忍代別天皇(おおたらしひこおしろわけのすめらみこと)同様に、
実在性が疑わしいとされています。
というのも、「タラシヒコ」という称号が、実在した7世紀の二人の天皇、
舒明(34代)と皇極&斉明(35&37代)の両天皇と同じ称号ゆえに、
成務天皇は7世紀に創作されたのだろうという理屈。

このあたり、古代史でも謎が多いせいか、
研究者や古代史愛好者になると、この理屈に頭をかしげてしまう人も多く、
いわゆる「九州王朝説」を始めとして、
九州王朝のヤマトへの東遷説や、
古事記や日本書紀の歴史改ざん説が根強く続くことになります。
自説に都合よくある天皇は実在、ある天皇は後世の創造だとして終わると、
定説支持者はが多くの疑問に答えられないままですね。

なので、九州王朝説やヤマトの歴史改ざんの所産とされる「記紀」の、
その扱い方に対しては、個人的に、わたくしは共感を覚えます。
天皇の和風諡号が、4世紀と目される天皇と7世紀の天皇が同類で、
その前後の天皇と異なるというのなら、
政権交代があったと考える方が分かりやすいなあと。

さて、この実在が疑われる成務天皇、
父は、かの景行天皇(けいこうてんのう)、
そう、あのヤマトタケルのお父上でもあります。

ご陵墓はほとんど同じなので、写真は省略。


PB169679.jpg


考古学に携わっておられる方たちの地道な研究によって、
いろいろのことが判明する度、定説が覆されたりしている古代史。

定説の上にあぐらをかいておられる方たちは、ぜひ、
こうしたご陵墓の前に何度でも立っていただき、
象牙の塔内部と外部との垣根を取り払って、
共に史実探究への真摯な道をぜひ進んでほしいと、
切に願うばかりです。なぜなら、

自国の始まり、その歴史が、
個々人の保身や狭い世界の慣習やルールを優先するがゆえに曖昧なままでは、
その国の国民は根っこがあいまいなままでいくしかない。
と、危惧されるからです。




★この「秋の奈良へ」旅シリーズ、唐招提寺まで書いたまま放置しておりました。随分と時間が経ってしまいましたが、唐招提寺までの分をアップすることに致しました。続きは、これから写真を整理してアップさせていただきます。お越しくださった方は、サイドのカテゴリーの中の「さすらう旅」をクリックしてご覧いただければ幸いです。(2013年6月20日)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。