スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の奈良・・・・薬師寺(1)

いよいよ、この日のラスト、薬師寺 です。
散策に夢中になってしまい、到着が遅くなりましたが、
観て回れる時間は大丈夫!でありました。

ブログ1 薬師寺

もともと飛鳥にあった飛鳥大寺の一つ。
平城京遷都で、いまの地に移された大寺でした。

祈願建立したのは天武天皇と伝えられますが、
天武の皇后だった持統天皇のためのお寺というイメージが強いせいか、
唐招提寺が男性的とすれば、女性的な寺院だと感じられる寺院ですね。

ここが、「法相宗」(ほっそうしゅう)の大本山です。
曹洞宗のお寺で育ったせいか、ここの宗派の教義はとても難解です。
哲学的というか、ちょっと勉強したくらいでは、
わたくしのような者には分かりませんが、

ブログ2 薬師寺

薬師寺 ブログの1

世界遺産に登録されるにふさわしいと違和感なく感じられるほど、
美しくりっぱな寺院だと感じることは可能です。

まずは、金堂をご覧あれ。唐招提寺と比べてご覧いただくと、
わたくしが申し上げた「女性的」という意味を、
お分かり頂けるのではないでしょうか。

ブログ9 薬師寺

そう、ここ金堂に安置されている有名な薬師三尊像は、
薬師瑠璃光如来、日光菩薩、月光菩薩。いずれも国宝です。
この薬師寺の仏像群もまた、国宝と重要文化財だらけ。
そう言っても過言ではないほど、このお寺はお宝でいっぱいです。

それらの優れた仏像群やお宝に興味をお持ちの方は、
あれこれとお気に入りの仏像がおありかもしれませんね。
そういう方にとっては、時間をかけて回りたいところでしょう。

ブログ7 薬師寺

この金堂の中の三尊を拝することで、
ここに浄瑠璃浄土の世界をご覧になれる方は幸いですね。わたくしなど、
両脇時の日光月光の菩薩像の腰のくびれが、いつも気になってなりません。
持統天皇の天武への思いがよくわからないせいか、
あるいは、不敬不信心のゆえでしょうか。

★この旅日記も過去に遡ってブログにアップ致しました。奈良に滞在したときから半年近くが経ち、
こうして改めて写真を手に取り眺めていると、いろいろの思いが湧いて参ります。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。