スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭(The Gion Festival)・・・・・まずは 「お千度の儀」

祇園祭 お千度の儀
(産経新聞のネット配信画像から拝借した画像で去年のもの)

★日本テレビ⇒http://news24.jp/nnn/news89061081.html

京都の東山のふもと、八坂神社のあるエリアは祇園です。
とても華やかな感じがする一角ですが、
以前記したように、多くの参拝客が八坂神社に昇る石段のある門は、
正門ではなく、楼閣のある西門になります。

正門は、本殿の南にあって南門といいます。
この南門から護国神社の参道までのエリア、つまり高台寺のあるところを、
地図をみると「下河原町」とあるので、なぜ、「河原」というのかと思って、
調べてみたところ、以下のことが分かりました。

昔、高台寺山から流れていた「菊渓川」という川があり、
また、清水音羽山からも「轟川」という川が流れていて、
それらがここで合流し河原になっていたそうです。だから「下河原町」と言い、
その名がいまに残っているわけです。

京都は、昔からの地名を変えないことで有名ですけれど、
住所を示す「上がる」「下がる」を始めとして通りの名前や町名に慣れてくると、
それらの地名で古からの歴史を辿ることができることに気づかされます。

東北の杜の都仙台でも道の大路小路の名は昔ながらの通り名でしたが、
いつの間にか行政名のような番地名に変えられてしまいました。
タクシーの運転士さんの多くも、いまや番地番号でしか分からない。
一見合理的な命名ながら、その名に歴史はありません。

さて、「お千度の儀」、リンク先をクリックしてご覧いただくと、
祇園祭の無事を祈願するとありますが、
祇園祭の開幕を告げる役割です。
山鉾の巡幸の始まりのときに、長刀鉾に乗って縄を剣で切り落とす、
あの役割、もっとも重要な役割を務める稚児が、
祇園祭の開催を告げる役割をも担うようになっているんですね。

では、なぜ、稚児なのか。

小さな子どもは古代から「神のよりしろ」と考えられていたからで、
それが、いまでも「お稚児さん」と尊称で呼ばれる理由ですね。

では、なぜ、小さな子供がそう考えられたのか。

古代、子供の成長にあやかり作物の豊作が祈念されたのは、
稲の発育を稲霊によると考えたように、古代の人々は、
子供の成長するエネルギーも神の霊力によるものと考えていた。
その結果、子供は「神のよりしろ」とされるようになった。
といった説明が民俗学的見地のようです。

なので、祇園祭りのお稚児さん達も潔斎精進して祭りに臨むのだそうです。
画像の、お稚児さんの手を引いておられる大人たちの表情も神妙です。

以下、ご参考までに。(About the Origins of the Gion Festival)
  ↓
The Gion Festival originated in 896 when a plague broke put in the capital of Kyoto and swept through every province in the country. Terributed the people attributed this calamity to Gozu Tennou,a deity who not only brought plagues and disasters but who also protected against them if wprshipped. A special festival was held to summon the god and transform him into a protective sprit. Sixty-six halberds,one for each province,were erected and the mikoshi (=portable shrines) from Yasaka Shirine were carried to Shinsen-en Garden near the imperial place grounds. This practice was repeated for subsequent utbreaks until it was made an annual event known as the Gion-goryoe(Gion-e).

Along with Tokyo's Kanda Festival and Osaka's Tenjin Festival, Gion Festival is numbered among the three great festivals in Japan that have a history of more than one thousand years.Gion Festival was designated a UNESCO intangible culture heritage.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

Re: お稚児さん

>子供は不思議な力をマザマザと見せ付けてくれる存在です。
>親だけのものではなく、未来の生命の証です。

まさにおっしゃる通りだと思います。共感しきりです。

>少子化対策などと、最近子供を道具のように取り沙汰する発言がおおいもので、
なおさらお稚児さんの呼び方は和みますね。

命の尊厳というものが、いまや、言葉だけのものになっているだけに、
なおさら、このような伝統行事が廃れることなく続いてほしいです。
祭りを観光するわたくしたちも、こうした機会に、本来の意味を、
見直して考えてみることが必要なのだろうと感じさせられました。


お稚児さん

>「お稚児さん」と尊称で呼ばれる
子供は不思議な力をマザマザと見せ付けてくれる存在です。
親だけのものではなく、未来の生命の証です。

少子化対策などと、最近子供を道具のように取り沙汰する発言がおおいもので、なおさらお稚児さんの呼び方は和みますね。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。