スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園祭(2013) 宵山・・・・「黒主山」(Kuronushi Yama)

黒主山3

この「黒主山」は、室町通の「鯉山」の北側に置かれています。
この「山」のご神灯もとてもきれいでした。

黒主山4

黒主山7

この「黒主山」の「山」にあったのは、桜のマークと桜造花。

黒主山5

なぜ、桜と黒主なのかというと、以下をお読みください。

黒主山6

この「黒主山」の「黒主」というのは、
6歌仙の一人とされる歌人の大伴黒主(おおとものくろぬし)のことでした。
滋賀のヤマザクラを詠んだ歌、
 
    道野辺の たよりの桜 折りそえて
               薪や重き 春の山人

この歌にちなんだもの。
そして、この「黒主山」の桜の造花は、ちまきと同様に、戸口に挿しておくと、
悪いことが家の中に入ってこないと信じられていたんですね。


黒主山1

ここの町内も京都らしい町家が並ぶ通りが印象的で、
そうした街並みもまた宵山の情緒を盛り上げていました。

以下、ご参考までに。

This float's theme is baced on "Shiga",a famous Noh play.
the figure on this float is Otomo no Kuronushi,a great 10th century Japanese poet,
shown here admiring beautiful cherry blossoms.
The float's metal railing decorations represent the four seasons.
According to japanese lejend, putting cherry blossoms from this float
on your front door protects you from evil spirits.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。