スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土佐旅行・・・・土佐電鉄で高知市内へ

P7217395.jpg


以下は、土佐電鉄(一両の市電)の車窓から見た景色です。
初めて旅するところというのは、
こんなにもワクワクさせられるものなのか、
子供のように目を皿にして見入ってしまう親子なのでありました。

ごめん駅を出てほどなく前方の左側にこんもりとした山が見えてきました。
鳥居のようなものが見えたので、
由緒ある神社かしらと。

いったん下車して見に行きたい誘惑に駆られましたが、
駅でこのような張り紙を見つけてシャッターを切った次第。
こうして撮っておくと、忘れずに後で調べられるからです。

今回、時間が取れれば、
いくつか出掛けてみたい神社がありましたので、
こういう神社に遭遇するとワクワクしてしまいます。



P7217389.jpg


鹿児神社、何と読むのでしょう。「かごじんじゃ」?
帰宅後、調べてみたら最初にこちらの鹿児神社というサイトがヒットし、
丁寧な写真付きの解説があり、読み方は「かこ」神社でした。
少しでも関心をお持ちの方は、ぜひ、リンク先をクリックしてご覧になってみてください。
やはり、というか、ご祭神は、わだつみの神の3神。
住吉大神を勧請したと思われるので、創設は相当古いと思われます。

ご承知のように、紀貫之と土佐の関係は浅からぬものがあり、
彼が帰京の折りに、ここで別離の宴を開いたとのこと。
当時から由緒の深い神社として知られていたのだろうと思います。


途中で、何度も向こうから来る電車とすれ違いましたが、
それぞれ、おもしろいデザインや配色で、
つい、見入ってしまいました。



P7217390.jpg


走っていて改めて気付くのは、
土佐は、実に川が多いということでした。
タクシーで走っているときも、幾度、川を越えたり見たりしたことか。



P7217391.jpg


P7217392.jpg


やがて、車窓の街並みが変わり高いビルが多くなると、
電車は高知市内に入りです。


P7217393.jpg



P7217394.jpg


P7217396.jpg


こうして見ると、市電は大通りの中央を走る形になっているんですね。
マイカー時代にあっても、こうした市電が走っている高知市に感激しました。
仙台では、自動車の邪魔になるということで、
杜の都のはずが、転居した時には市電が廃止されたばかりでした。

市電を廃止しても交通混雑は変わらず、
変わらないどころか、排気ガスが市内に充満し、
沿道の樹木の高圧洗浄に数億円も毎年かけることになり、
いまでは、市内中心部の交通渋滞を助長させる結果になっています。

何とか渋滞を緩和すべく、マイカー利用は最寄りの駅までに、と、
いろいろの広報宣伝が行われてはいますが、
市内中心部へのマイカーの乗り入れは増える一方で、
その一方で、地下鉄は赤字が続いているわけです。


先見の明のなかった行政とこの政治判断は、
返す返すも残念でなりません。
おまけに、線路の除去にも多くの税金が使われました。
そして、市長選挙のたびに、なくなった市電に変わる公共の乗り物が、
新たに検討されては立ち消えになってきました。



P7217397.jpg


P7217398.jpg


高知市には、市電の撤去などという仙台の轍を踏まないでもらいたいですが、
道路の中央を走らない市電が考案されてもいいかなと思いました。
市電を降りて歩道に渡るとき、車が怖かったです。



P7217399.jpg


程無く、高知城前に。


P7217400.jpg




市内中心部で、こうした看板を目にすると、
ああ、間違いなく四国に来ているという実感が湧き、
ここは土佐高知だと実感が湧いてきました。


まず、この百十四銀行。これは、明治の国立銀行条例で出来た153あったとされる銀行の1つで、仙台の七十七銀行といっしょです。
百十四銀行は、香川県に本店がある銀行です。



P7217401.jpg


そして、こちらの阿波銀行は、徳島に本店がある地銀で、その名前からして、いかにも、四国の銀行と分かる銀行。


P7217402.jpg


こちらの四国銀行こそ、高知市に本店を置く地銀で、
宮城県で七十七銀行が大手であるように、
この四国銀行という地銀もまた、高知では大きな銀行だと思います。

休日の午後なせいか、近くの他の地銀のATMが皆閉まっていたのに対し、
四国銀行のATMだけは開いていました。


P7217403.jpg

さて、はりまや橋で下車せず、高知城前で降りたのは、
最初に、高知城を見ようと思ったからです。


つぎのブログで、その高知城をご紹介させていただきますね。
高知県に来て、幕末史ならともかく、
よもや日本の戦国時代の勉強をすることになろうとは、
その時は夢にも思っていませんでした。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 高知
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。