スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練り供養・・・・「極楽へのいざない・練り供養をめぐる美術」展

CA3J2604 (1)


娘に誘われ、昨日の日曜日午後から、
龍谷ミュージアムで開催中の仏教美術展に出掛けてきました。



昨日が最終日とあって、小雨の中、館内には途切れなく観覧の客が訪れ、
静かながらもにぎわいを見せていたように思います。
展示内容もとても良かったです。

展示主旨がシンプルで明確だとこうした良い展示会になるのでしょう。
娘も、とても見やすくて勉強になったと満足げでした。
わたくしは、といえば、坐骨神経の痛みを意識しながらの鑑賞となり、
そろりそろち恐る恐る・・・という感じでしたけれど、



CA3J00050002.jpg



小雨の日の美術館って、いいものですね。鑑賞におススメですが、
龍谷ミュージアムは、



CA3J2600.jpg



堀川通りを挟んで向かい側が本願寺ですから、
美術館を出た後には散策にもおススメです。


ところで、練り供養。


信者の方たちが面や装束を身に付けて、仏菩薩に扮し、
仏菩薩が極楽浄土を願う人々を極楽浄土に迎えに来られる姿を演じたもの。


京都 光明時 二十四菩薩練り供養
(京都 光明時 二十四菩薩練り供養)


奈良 久米寺 練り供養
(奈良 久米寺 練り供養)


大阪 大念仏寺 まんぶお練り供養祭
(大阪 大念仏寺 まんぶお練り供養)



以前から、練り供養に一度行ってみたいと思いつつ、
なかなか果たせずにおりましたが、
展示会で、岡山・弘法寺の練り供養の阿弥陀如来像を始め、
行ってみたかった他の寺院の練り供養での面なども観ることができて、
なかなか興味深かったです。

この弘法寺東寿院の大きな阿弥陀像は、
練り供養の行列を待つ役目の阿弥陀如来像で、
両脇を抱えられて歩かれるわけですが、
木像の胸のあたりに、小さな穴が開いていて、
中に入っている人が外を見られるようにしてあって、
厳粛な仏教行事であるにもかかわらず、面白いなあと。



浅田真央選手のフリーの演技が始まり、
14歳の少女の面影が残っていたせいか、
大人の女性になったんだなあと感じ入りながら、
その選曲、ラフマニノフのピアノコンチェルトの2番を、
難しい曲を選んだのだなあ・・・と思い観ておりましたら、
いきなりの転倒で、思わず、「あっ!」
まさかのトリプルアクセスでの転倒とは・・・

けれど、けれど、終わったことへの安心感の方が勝り、
難しいプログラムと聞いていただけに、
(素人の悲しさで、どこがどう難しいのかイマイチ分からないけれど)
まずは、よしとしようと思えたのは本人の表情のせいかもしれませんね。
結果は、転倒にも関わらず、ワグナー選手ら強豪を抑えての優勝!
御仏ならぬ多くの会場のファンとテレビの前で応援している
多くの日本人の応援による加護があったと思いたい。
まずは、アメリカ大会での初戦優勝、
おめでとう!ですね。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : art・芸術・美術
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 観音様

美しいものと出会うと、 やはり、忘我の状態になります
閑話ノートさまもご同類でいらっしゃる!
わたくしなど、お財布の入ったバッグを忘れて帰ったこともございます。(笑)

> 奈良法華寺の十一面観音像を観てみたいです。

ぜひ、ご覧になってください!
殿方には刺激的かもしれませんが・・・(苦笑汗)
奈良は、時空を超えた良い時間が過ごせまする。
昔、和辻哲郎の「古寺巡礼」を手に、
奈良を回ったこともございました。

観音様

やはり観音菩薩でしたか。
お顔の優雅な表情と美しさに見とれてしまい、両の手に蓮台を持っているのを見落としてしまいました。いや見落としたというよりも、ボーっとしてしまったというのが正直なところでございます。(汗)

観音菩薩像といえば、奈良法華寺の十一面観音像を観てみたいです。
http://blog.goo.ne.jp/kanwa_notes2005/d/20101018

Re: 蓮台を手にされる観音菩薩

> この仏様は菩薩、それとも如来?

蓮台を持っているので、観音菩薩でございます。
展覧会では、来迎図の中に描かれたさまざまの菩薩像がありましたが、
それぞれに美しく、中でも観音菩薩像は素晴らしかったです。、
ちなみに、阿弥陀如来像は来迎印を結んでおられるので、
それと分かりますが、菩薩はたくさんおられるので区別は難しいですね。

観音菩薩像がこのように腰をかがめた形で、
両手で蓮の台座を手にしておられるのは、
往生人を乗せるためなんです。

本当に美しいと身に沁みました。
このような来迎図が描かれたのも、
このような来迎図が求められた信仰心ゆえだと思う時、
わたくしも死の準備というものを心して始めていきたい・・・
そんな思いになりました。


No title

このポスターの表紙が素晴らしいです。この仏様は菩薩、それとも如来?つまらない質問ですみません。(汗)

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。