スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 鞍馬の火祭り2013 (The Kurama Fire Festival) ・・・(1)鞍馬山の大天狗

鞍馬 テング
(This imitates a tengu's figure. This imitates a tengu's figure. A tengu is one of the mountain worship in Japan, and it has some which are carrying out the figure of a demon or Doji. )



今週、鞍馬の「火祭り」に行ってきました。
京都の三大奇祭と言われる祭りの1つで、

他の二つというのは、
春の今宮神社の「やすらい祭」と、
最近は開催されていない太秦(うずまさ)の広隆寺の「牛祭」で、
一番奇祭なのは、広隆寺の牛祭りだと思っていたけれど、
この鞍馬の火祭りも、秘密がありそうだなあと。 



鞍馬 テング2


この火祭りの様子を次のブログでご紹介させていただく前に、
まずは、鞍馬山といえば天狗、ということで、
叡山電鉄の鞍馬駅で出迎えてくれる大天狗の写真をご紹介。

この天狗、大天狗といって、
鞍馬山と貴船の間に位置する僧正ケ谷というところに住み、
平家打倒で歴史上、有名な身元不明の天狗ながら、
この大天狗、件の牛若丸に武芸や兵法を鍛錬したとされているので、
余程武芸に通じた者なのだろうと思われます。

鞍馬僧正坊という呼称もあり山伏の姿をしているらしいので、
山岳で修行中の密教僧だったのか。
いずれにしても、神仏習合の時代から登場するようです。

天狗や山伏というと、
山に在りながら都の政治の動向に詳しく、
時の政権打倒に動いたり、逆に時の政権に追われたり・・・
個人的な感想として「政治的」な臭いが消えないので、
いつかじっくり調べてみたいと思っていました。が、


天狗は、この写真のように鼻が高く赤鼻の大男といったイメージながら、
童子の姿をしていたり鬼と呼ばれるものたちと同類で、
これって、日本の古代史を勉強しているものにとって、
なかなか興味深いものがあります。


DSC05270.jpg


ちなみに、嵐寛寿郎(あらしかんじゅうろう)という俳優が演じた、
昔の東映映画の鞍馬天狗、こちらは小説です。けれど、
勤皇の志士という役どころ、山にあって時の日本の政治を糺すといった辺り、
まさに、大天狗のイメージです。


京都に来て、1年半、
鞍馬山も火祭りに初めて出掛けその祭りを見ました。


DSC05190.jpg



この火祭り、天狗と関係があるのかどうか、
どこかで繋がっているのか、ただいま思案中ですけれど、
火祭りの様子をお伝えしますね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 鞍馬天狗

> 鞍馬と言えばやはり嵐寛の鞍馬天狗ですね。子どものころ大佛次郎のこの時代小説を夢中で読んだことを思い出します。(^.^)

閑話ノート様は、子供時代に小説の方をお読みになられたのですね!
わたくしは、そんな小説があることも知らず、
嵐 寛壽郎という俳優の名前も知らず、ただただ、
鞍馬天狗の映画の影響で(ニューシネマパラダイスのような子供時代でしたので)
お寺の境内でチャンバラに嵩じてご住職によく叱られて育ちました。
ご近所のわんぱく坊主たちを斬られ役にして遊んでいたからでしょうか。(汗)

鞍馬天狗

鞍馬と言えばやはり嵐寛の鞍馬天狗ですね。子どものころ大佛次郎のこの時代小説を夢中で読んだことを思い出します。(^.^)

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。