スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しめそうな映画「清州会議」

前ブログで「時代祭」の「安土桃山時代」のご紹介を終えましたが、
その折のご紹介で、≪清州会議≫に触れましたので、この機会に、前からご紹介しようかなと思っていた映画、
三谷幸喜監督の新作映画をご紹介させていただきますね。


清州会議2


もうじき、公開です。映画「清州会議」(←クリックしてご覧ください)

三谷監督なので、シリアスな作りの、
いわゆる「本格派」時代劇を期待される方には不向きかなと思いつつ、
このキャスティングを見ただけで、見たくなりますよね。

ちなみに、
柴田勝家を演じるのは、役所広司、秀吉役は、大泉洋
大泉洋といえば、「探偵はBARにいる」面白かったですね。
丹羽長秀は、小日向文世
などなど。委細は、リンク先を眺めてみてください。
かなり、笑えそうな感じがします。


監督の自信作のようなので、
さぞかし笑わせてくれるだろうし唸らせてもくれるのではないかと。
いまの日本映画界で光っているこれだけの俳優女優を集めたのですから、
楽しめそうですよね。楽しませてもらわなきゃ、であります!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画情報
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 清州会議

ご本のご紹介ありがとうございました。
この時代、どうもイマイチよく分からないものですから助かりました。
何と申しても、長宗我部のことを知ったのもこの夏ですから。(汗)

ご紹介のブログ、
清州会議どころか他の武将記事も読みふけってしまいました!
世の中には、いろいろな方がおられるのだなあと、
改めて感心してしまいました。ww

> 勝家は北陸を拠点にする立地条件でハンデキャップがついてしまったこと。

筆頭家老だった勝家、他は何とかなっても、
地の利がなかったということですね。

> 官兵衛は先のコメントにも書きましたが、参謀というよりも策士という印象が強いですね。

ですね。如水という名も、そんな己が策に溺れないよう自戒してのことだったのかも。

清州会議

正史は無理ですが、太閤記ものあたり(川角太閤記・絵本太閤記など)を物色すれば宜しいかと。
私は賤ヶ岳の戦いのほうが面白くて、清州会議は吉川英治の新書太閤記で知ったくらいで詳細不詳です。こういう熱心なブログもあります。↓
http://www.yyss.info/sen/oda/kiyosu/

いずれにしろ、秀吉がポスト織田政権を制するのは山崎の戦いの殊勲が第一だったこと。畿内を掌中にしたこと。勝家は北陸を拠点にする立地条件でハンデキャップがついてしまったこと。などなど。

黒田、竹中の比較は面白いですね。竹中は病に倒れたので気の毒でした。官兵衛は先のコメントにも書きましたが、参謀というよりも策士という印象が強いですね。 まぁこれ私の独断と偏見ですがw

Re: 柴田権六

> この時代の秀吉は大変な勢いで絶えず清須会議をリードしたのですね。

これまで、この清州会議を軽視していたきらいのありましたが、
今日から公開の映画「清州会議」を面白く見るために、
そのあたりのことが書かれた本を探そうと今日、
書店に行って参りました。w
何か、おススメの本はございませんか?

> それに柴田勝家は黒田官兵衛の策略に嵌まってしまった。

黒田官兵衛は戦国時代の軍師として名高いですが、勝家はどのように嵌められてしまったのでしょう。また、竹中半兵衛とどちらが貢献度が高いのかなあと。

> 私が勝家だったら、

との一文、実に愉快でした。ww

お市の方、不思議ですね。お館様亡きあととは申せ、信長公の妹君。
しかも、絶世の美女の誉れ高い御方なのに、再婚した夫勝家を、
清州会議で勝たせることに貢献出来なかったのかなあと。
勝家にとって、お市の方は恐れ多くも愛の対象となってしまって、
当時は葵の御紋のように有用なモノもなかったし、で、
武将として女性はハナから利用する対象ではなかったのでしょう。
使えるものは何でも使うというタイプだったなら、
もしかすると状況は変わっていたのかも・・・

柴田権六

この時代の秀吉は大変な勢いで絶えず清須会議をリードしたのですね。それに柴田勝家は黒田官兵衛の策略に嵌まってしまった。

私が勝家だったら、お市の方を味方というか葵の紋所にして、秀吉を一蹴させてご覧に入れまするwww
「此方におわすお方を何方と心得る。 畏れ多くも信長公のお妹君にあらせられるぞ。権六、図が高い、控え居ろう。」

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。