スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 黒谷 金戒光明寺(8)・・・蓮生法師像(熊谷直実像)「蓮生院」

金戒光明寺のご紹介の折り、ご紹介しそこねましたので、
以下の写真を追加させていただきますね。

熊谷直実の出家後の姿、
蓮生となってからの姿を彫ったお像です。

法師となってからの名は、法力房蓮生(ほうりきぼうれんせい)


熊谷直実
(蓮生院に安置されている蓮生法師像)


京都の書棚にある本の中から探したところ、
一枚だけありましたので、それを撮りました。
蓮生院は光明寺の塔頭の1つになっています。


直実が出家後、北条政子が彼の子の小次郎直家を促してここに草庵を結ばせ、
洛東蓮生庵としたとあり、政子がどうしてそこまでと思ったものですが、
直実が出家した年が、建久3年(1192)・・・
まさに、頼朝が鎌倉に幕府を起こした年です。

源平合戦で名を挙げた関東武士の熊谷直実の出家という出来事は、
武士たちにとって衝撃的だったのではないでしょうか。
そんな空気を政子はよく読んだに違いないと。

末法思想のはびこった時代ですから、
政子も南妙法蓮華経と唱えたのかもしれません。


そして、数百年を経て後に、今度は春日の局が、
直実の兜の古事に因んで直実の兜池に蓮を生け、
蓮池院熊谷堂と改称したとのこと。


蓮生像のこの眼差しの鋭さと共に、
お堂の中にあるという敦盛像を、
眺めてみたくなりました。


atsumori.jpg
(敦盛像と如仏尼像)


このお堂が公開される次回を期したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。