スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 「時代祭」(The Jidai Matsuri Festival)2013・・・(29)「白川女献花列」(Procession of Shirakawa-me Dedicating Flowers to the shrine)

この「時代祭」の行列も残り二列となりました。
「白川女(しらかわめ)」と「弓箭(きゅうせん)列」です。

大原女と桂女はすでに登場しましたが、
覚えておられるでしょうか。「中世婦人列」で登場しました。
そこに白川女は入っておりませんでしたね。
不思議だなあと思っておりましたが、では、
なぜ、ラストが白川女なのでしょう。


神幸25 白川女 ブログに


白川というのは、比叡山の山麓(当地では、白川山とも)に源を発する川で、
左京区の東山を流れ下り、南禅寺の琵琶湖疏水を合流し、
その後、平安神宮へと流れて分かれ鴨川に合流する清流です。

この白川の洛外の流域に住み、
季節の花を京の町中に売りに来た女性たちを、
白川女(しらかわめ)といいます。

★ご参考までに(閑話ノートさまよりご提供)
 ⇒日本服飾史「白川女」


神幸24 白川女2


白川女の歴史は古く、平安時代の中頃には、
宮中御所に花を届けていたとのこと。


神幸26


神幸27



本列は、伝統的な白川女の姿で登場。
頭に載せている花は、神前に供えられる花です。



神幸28


白川女が時代祭りの最後に登場するのは、まさに、
彼女たちの花が神前に供えられる献花だからですね。

以下は、ご参考までに。About this procession

Women from the Shirakawa River basin below Mt.Hiei traditionally grew and sold flowers. In the Heian period they began bringing flowers the Imperial Palace as gifts. In this procession women wear their distinctive costumes and carry flowers for offerings on their heads.


さて、次の「弓箭列」で「時代祭」はやっと終了です。
お付き合いくださった皆様、あと1つ、でございます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 花の行商

白川女の装束、清潔感の中に勇ましい何か凛としたものが感じられて、
わたくしも「かっこいいなあ」と感じました。

お尋ねの白川砂ですが、いまでも作庭に使われていて、
最近ではモダンハウスの坪庭でも活躍しているようです。
先日、ブログでご紹介させていただいた永観堂のお庭にも、
やはり、白川砂が使われていましたので、
お寺の多い京都では需要はなくならないのでしょう。

ご紹介のサイト、 http://goo.gl/ieMXt
ブログの中でご紹介させていただきました。
閑話ノート様、有難うございました。(=^^=)

花の行商

頭へ上手に乗せますね。バランス崩して落っこちることはないのでしょうか?
この装束というか出で立ちがかっこいいです。白川砂が有名ですが今はどうなんでしょう。
http://goo.gl/ieMXtL

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。