スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 「時代祭」(The Jidai Matsuri Festival)2013・・・(30)「弓箭組列」(Procession of Archerrs)

時代祭シリーズもいよいよ最終回となりました。

長かった!ですね。

時節はとっくに師走となり「祭り」の季節はとうに過ぎ去ってしまいましたが、
ここまでお付き合いくださった皆さまに厚くお礼を申し上げます。


DSC05139.jpg


さて、行列のラストを飾るのは「弓箭組列」です。
警護の役割を担った列で、
「時代祭」では二組の隊列が行進しました。


DSC05141.jpg


In the Tamba district of northern Kyouto,there dwelt men who excelled in archery.
When the Heian capital was being moved, these men were chosen to protect Emperor Kammu's entourage.
Participants in this procession are the descendants of those archers.


DSC05142.jpg



説明によれば、丹波国南桑田(現在の亀岡市)と船井(現在の南丹市)には、
弓術にすぐれた人が多かったそうで、
明治維新の山陰道鎮撫のおりに、
この弓箭組が組織されたのだそうです。


DSC05144.jpg


DSC05145.jpg


時代祭の創設当初から、その子孫の方々の有志の皆さまが、
御鳳輦(ごほうれん)の警護を担われ、
こうして時代祭りの行列に参加してこられたとのこと。


DSC05147.jpg


最後の列のご紹介もこれで終わりとさせていただきます。
思いがけずシリーズとなり長い長い「時代祭」となってしまいました。
お付き合いくださった皆様におかれては、
さぞかしお疲れになられたことと、
申し訳ない思いでした。

この「時代祭」は京都の風物詩の一つではございますが、
同時に、「歴史を辿る学習の場になっている祭」なのだと知らされた時、
ブログで取り上げる以上は、その精神を尊重したいと思いました。

歴史は、専門家やそれを趣味とする方たちのものではなく、
教養の対象でもなく、生きた知恵とするものであり、
未来を考えるときの灯でもあるのだと、
こだわりなく学んでいかなければならないものだと思います。
せわしいネットの世界ではありますけれど、
ブログでゆっくり眺めながら、
わたくしたちのこの国がどのような歴史を持って今日に至っているのか、
わたくし自身の問題として考え眺めてこれたように思いました。

残念だったのは、カメラの不調でろくな写真しかなかったことでした。
お見苦しい写真だったこと、どうぞご容赦ください。

来年の「時代祭」を見られるかどうかはわかりませんが、
次回は、ちゃんとカメラを充電しゆとりをもって写真を撮りたいと思います。
御所か平安神宮前で撮影したいものです。

この拙いブログ記事が、「時代祭」をご覧になられる方や、
検索してここにお越しくださった皆さまにとって、
何かのお役に立てましたなら、望外の幸いです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

Re: しないはずがありません、であります。(笑)

ご丁寧なコメント、恐縮であります。
この「時代祭」のシリーズ、席が固定されておりましたので、
写真がどれもこれもほとんど同じアングルで、写真もほとんど、
似たようなものになってしまいましたので、
心苦しく思いつつ掲載して参りました。

本当に、最後までお付き下さった閑話ノートさまには、
感謝以外に申し上げる言葉がございません。

桓武天皇のところ、
フォント数を上げてみますね。(見落とし汗)

No title

おやこれは失礼しました。
本シリーズ(27)でございますね。見落としておりました。時代祭に桓武帝が登場しないはずがないですもんね。(汗)

Re: アーチェリー

> 桓武天皇はこの列におわしますか?

閑話ノート様、この列は、神幸列の後続の一つでございますので、
桓武天皇は、こちらでございまする。
http://gekkouinn.blog4.fc2.com/blog-entry-3389.html

> ・・・十分に楽しませて頂きました。
> 時代祭エントリー大変お疲れさまでした。

こちらこそ、お礼の申しようもございません。
閑話ノート様のコメントにご支援いただいて最後まで投げださずにやってこれました。拙ブログは検索してこられる方の方がどうも多そうなので、そうしたご訪問者の方のためにもお役にたてれば、との思いでございましたが、来年の「時代祭」の時期のご訪問に期したいと思いまする。
それにしても、長かったなあと。(自分にご苦労様汗)

アーチェリー

桓武天皇はこの列におわしますか?
さすが京都三大祭のひとつ。比較的新しい祭りですが、伝統ある祭りに発展してゆくでしょう。十分に楽しませて頂きました。
時代祭エントリー大変お疲れさまでした。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。