スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細見綾子句集・・・「存問」(3)

PC250984.jpg
本日の5句です。(フォント数をちょっと上げてみました(



   何いそぐことなき雪の日暮れなり

   梅雨の蝶一茶旧居の泥の壁

   芭蕉糸こはくに透けて島の蝉

   栗ばかり食みて夜なべをせざるなり

   残菊に紫じみてのこる紅



わたくしは句集を読む時、最初は目読(黙読)ですが、
気に入った句に出会うと黙読をやめ、
何度か口に出して繰り返して読んでみます。

そうして、目前に情景が広がり始めたら、
その句が詠まれたその場にすでにワープしているわけで、
そうなると、ますます、その句が好きになってしまいます。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 詩・和歌(短歌・俳句・川柳)など
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。