スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱根駅伝・・・トップとの差59秒

P1021467.jpg


箱根駅伝、たすきを手渡す瞬間の選手たちを見ていると、
泣けてきそうになります。そして、五区でフィ二ッシュを迎えたあとの、
倒れこむ選手たちを見た瞬間、どうしても泣けてしまいます。


マラソンは過酷なレースです。



P1021469.jpg


今年も途中で棄権せざるを得なくなった選手が出ました。
ちょっとしたリズムの狂い、
ちょっとした体調の変化、
そうしたことで走り全体が来るってくるのでしょうか。



P1021470.jpg


山梨学院大学の選手たちはどんなにか無念だったか。
思わず胸が痛くなりました。


P1021472.jpg


それにしても、東洋大、強かった!


P1021473.jpg


たすきを受け取る瞬間のこの表情は、
走りたくて走りたくてたまらない喜びがあふれているようで、
思わず、よしっ!と腕に力が入った程。



P1021476.jpg



選手たちの力走、完走に拍手を送りたい。
テレビを見ているとずいぶん差がついたように思ってしまうけれど、
圧倒的な強さを見せたトップの東洋大と22位でゴールしたチームの差は、
30分もないんですから・・・・
なんだか狐に化かされたような驚きを改めて感じます。
マラソン選手の時間と観客の時間の感覚って、
すさまじく開きがあるんじゃないかと。


日体大 服部将太

P1021466.jpg


一位との差が、59秒!駒沢の力も凄まじい!


P1021478.jpg

P1021479.jpg


それにしても・・・・、箱根駅伝を見ていると足が苦しくなるのは何故なんでしょう。
終盤になると、足首が痛くなってくるほど。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : マラソン
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 箱根駅伝

駅伝は、まさに「タスキ」を渡すことが使命な分、
個人競技のマラソンと違って、そこに責任感を強く感じる選手にとっては、
凄まじいまでのプレッシャーになるのでしょう。

TV観戦していると、アナウンサーが走者に対するいろいろな情報を提供してくれますが、中には、次の走者やチームのエースの存在に対する絶大な「信頼感」ゆえに、プレッシャーでのストレスをあまり感じていないような選手たちも見受けられて興味深いです。

あいつがいるからイケる!という「安心感」
あいつにタスキをつなげれば何とかしてくれるという「信頼感」が、
同区を走る他の強い選手より力の劣る選手たちのプレッシャーを軽減させ、
自分の走りに対する「責任感」や「使命感」を≪普通に≫しているというか、
ニュートラルな精神状態にしているんじゃないかと思えるほど。

いずれにしても、駅伝を見ているだけで足がつりそうになるわたくし、
心肺機能があまり強くないので困りながら、
今日も朝から観戦応援中でございます。

いずれも力がある選手ぞろいで、
それぞれの戦術通りの走りができるよう祈るばかり。
出場の全選手に怪我なく完走してもらいたい。

箱根駅伝

駅伝=タスキを渡さなければならない。なのでマラソンと違って走者のプレッシャーは並大抵ではない。だから毎年ドラマやハプニングがあるのですね。
今年は戦前の予想通り優勝候補が上位を占めました。さて総合優勝はどこでしょうか。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。