スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 河合神社(4)Kawai-Jinjya Shrine・・・・ここの禰宜になりたかった鴨長明

P7278179.jpg



行く川のながれは絶えずして、しかも本の水にあらず。よどみに浮ぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとゞまることなし。世の中にある人とすみかと、またかくの如し。


お馴染の「方丈記」の冒頭です。中学、高校の古典の授業では、さらに先まで暗記させられたものでした。


玉しきの都の中にむねをならべいらかをあらそへる、たかきいやしき人のすまひは、代々を經て盡きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家はまれなり。或はこぞ破れ(やけイ)てことしは造り、あるは大家ほろびて小家となる。住む人もこれにおなじ。所もかはらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中に、わづかにひとりふたりなり。


P7278180.jpg


あしたに死し、ゆふべに生るゝならひ、たゞ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、いづかたより來りて、いづかたへか去る。うんぬん・・・

と書いた鴨長明が出家後に住んだ庵を再現した小屋がこちら。


P7278181.jpg


ずっと以前、初めてこの河合神社でこの小屋を見て、その仕組みを知った時、とても驚いたものでした。
何より、この小屋、実は、組み立て式!で、超エコ住宅!中の様子をご覧いただけないのが残念ですが、
中にはキッチン部分として窓にあたる開放部のところに小さな流しと棚が付いており、
室内には小さな文机もあったように記憶します。

いまのコンクリートのアパートとはまるで異なりますけれど、機能的には一人暮らしを始める学生の
4畳半一間のようで、悪くないぞと思ったものでした!

鴨長明は、この折り畳み式の掘っ建て小屋を持ち歩いて、大原の里を転々とし、
最期に伏見の地に落ち着くまで、気に入ったところに庵を結んだのでしょう。

わたくしも、こういう折り畳み式の住まいが欲しいなあ。

でも、脆弱な現代人のなれの果ての一人なので、冬場の利用はとくに京都大原では寒過ぎてとても無理。
いかに暖冬と言われるようになった現代でも京都の底冷えはキツイですから、一晩で凍え死んでしまいそう。


鴨長明は、下鴨神社の神事を統率する正禰宜惣官を父親を持ちますが、
この河合神社の禰宜(ねぎ)になりたかったんですね。長じた頃に後ろ盾となるその父親が死去し、夢叶わず、
神職としての出世の道を閉ざされたために出家したとされています。

小さいころからエリートとして育てられたせいか、プライドが高い人物だったのでしょう。
他の神社の禰宜になるくらいなら出家した方が良いと思えたほど、彼もまた、
この美しいご祭神の鎮座する由緒ある神社を愛していたのかもしれませんね。

彼が隠遁暮らしの中で書いた「方丈記」は、日本の三大随筆の一つと習いますけれど、
歌と琴の名手でもあったというのは、学校の授業では教わらなかった。教わっていたならば、
鴨長明のイメージも変わっていたかもしれません。

★Kamo no Chōmei

He is a recluse of medieval times of Japan. The essay "Hōjōki(Ten Foot Square Hut)" written by him is famous as one of the three [ Japanese ] major essays. He became an authority who calls it the negi of this kawai-jinjya shrine.
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。