スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の誉れ・・・・「2013年 ノーベル平和賞」秋山一郎氏の存在

昨年の2013年をわたくしなりに総括しようと思っておりましたが、
昨年末に果たせず、このお正月中にも果たせず、ではでは、ということで、
小正月の15日までにと思い定めた次第でした。
今回は、人物を通して2013年を振り返りたいと思います。

その第一弾。まずは、こちら。


秋山氏 2013 ノーベル平和賞



日本人がノーベル賞の受賞!!その日本人がすでにアメリカ国籍の人の場合でも、
日本のマスコミは故郷の取材に記者を動員し毎回大騒ぎしますけれど、
昨年のこのノーベル賞の平和賞の受賞のニュースを、
日本のほとんどの大手マスコミTV各局が報道しなかったのは不思議です。

何故なんでしょう。受賞したのが個人ではなく組織だとしても、
その組織を動かしその組織で働く人たちは個々人であり、
そうした組織を代表して受賞したのが日本国籍の日本人である以上、
いかに、マスコミが自衛隊嫌いであろうと、公平を期し、
大いに報道してしかるべきでしょう。


2013年の「ノーベル平和賞」は、OPCW(化学兵器禁止機関)が選ばれました。
そのノーベル平和賞の授賞式に受賞出席者の一人として、
日本人の秋山一郎氏が出席されたことを、知らずにおりました。 

秋山一郎氏は、陸自の陸将補任官時代(1997年6月 ~ 2002年6月)に、
そのOPCW(化学兵器禁止機関)の初代査察局長を務められ、
その御、二度目のOPCW査察局長をも務めた人物。 

自衛官を退官した後も、請われて引き続き2009年7月まで査察局長を務め、
今回ノーベル平和賞を受賞したOPCWに大きな貢献をしてこられました。

こうした通算10年にわたり200人余りの査察官を束ねるトップとして、
3000回に渡る現地視察を指揮してきたことが評価され、
今回のノーベル平和賞の授賞式に受賞出席者として出席。

★委細はこちらをご覧ください ⇒ 秋山一郎


日本の国民の多くが読んでいない作家であるにも関わらず、
ノーベル文学賞を受賞された大江健三郎氏のときのように、
マスコミ諸氏はこの受賞と秋山氏のような自衛隊院の貢献を大いに報道し、
護憲派の皆さんもこのことを大いに誇りとしていただきたいです。

日本国憲法の下に、世界の平和への貢献活動として、日本の陸上自衛隊の地道な仕事が、やっと、
世界の国々で認められ評価されたということですから。
こうした人物のことを一人でも多くの心ある日本の皆さんに知っていただくために、
このブログ記事の拡散を希望しますし、日本と日本人の誉れとして
子供たちにも話してやって欲しいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。