スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖縄名護市長選挙で見えてきた「政府の覚悟の弱さ」

稲峰進


稲峰陣営が、選挙戦において基地反対闘争そのもののような演説ではなく、
有権者に対して「交付金に頼らなくてもやっていける!」
という演説に切り替えたとき、末松陣営は、
なぜ危機感を持たなかったのだろう。

沖縄の住民有権者がこれまで基地の受け入れを了解してきた理由の核心は、
原発誘致同様、地域の経済活性化の資源となる国からの補助金であり、
まさに「交付金」である。安心安全と引き換えにしてきたのは、
基地を国家の安全保障政策として受け入れに甘んじてきたのも、
暮らしの経済を優先させたからであり、
暮らしの経済とは、交付金を意味していたのであり、
そこに切り込んだ演説は戦術として見事だと思いました。

稲嶺市政は、この選挙の結果を受けて、
返野古への基地の移設拒否闘争と同じくらい、
交付金を必要としない政治を実現してみせなければならない。
これは、単に、市制の無駄を省くだけでは実現できない。

当選後、稲嶺氏は、辺野古移設を白紙に戻し、
基地は最低でも県外、できれば国外(移設論)に戻すことを主張し、
辺野古埋め立てが前提の協議や申請はすべて拒否すると語ったが、
名護市の住民の暮らしをどう活性化するかについては語らなかった。


末松文信氏


選挙の勝敗を分ける要因の一つに、
「玉」と呼ばれる候補者自身の持ち味があります。
その候補者のキャリアや政策だけではなく、その候補者の人間性、
誠実さや信頼性、行動力や情熱といったものばかりではなく、
愛されるという魅力と言えばいいか、欠点があろうと、
あいつなら仕方がない、あの人なら応援しようと思わせてしまう魅力。

それがないと、選挙で負けると「玉が悪かった」ということになる。
この末松氏のことは存じ上げないので、
玉としてどうだったかを語る資格はわたくしにはないけれど、

前政権の民主党が混乱させるだけ混乱させて終わった普天間基地問題という、
世界一危険な飛行場とまで言われた普天間基地の移設の是非、
それを問う一連の沖縄での選挙の始まりの一つであった選挙において、
移設推進派にはどれほどの覚悟があったのだろう。

選挙戦術を眺めると、それが見えてくる。

候補者の擁立の遅れと言われる背景を考えると、
推進派の選対には求心力となる人物が不在だったのではないか。
ということをつい考えてしまう。
国政選挙並みの求心力となる人物に求められることは多々あるけれども、
玉と言われる候補者以上に人間的な魅力が求められたりする。
そこには裏切りを許さない恐れというものもあり、
それは、ひとえに「勝たせるための覚悟」による。


そうした人物が不在の選挙、あるいは仕切らない選挙になると、
表現は悪いが、選挙には常に付き物の「裏切り」が横行する。

名護市長選における敗戦の最終的な責任が、
推進派を支援した政府にあるとすれば、

政府にも安倍総理にも求心力がなく、
別の言い方をすれば恐れられていないということになる。
いかに国家目標としての経済成長問題であろうと、
デフレ脱却へに強い意志を示すだけでは、宰相としては不十分であり、
裏切りが政府内でも横行し「つなぎの宰相」となってしまうかもしれない。


plc14012000550001-p1.jpg


普天間基地で事故が起こらないよう祈るばかりだ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 沖縄米軍基地問題
ジャンル : 政治・経済

コメントの投稿

非公開コメント

Re: みんな大事なことを忘れている。

閑話ノート様のおっしゃる通りです。

なぜ普天間移設するか?
なぜ辺野古なのか?
なぜ沖縄に米軍基地を置くのか?

辺野古への基地移設の賛否を焦点とした選挙でありながら、
一番大事なことが論戦されず、推進派は交付金の凄まじい額を叫び、
反対派は交付金なき市政を訴えたがために有権者は感情論で投票。
双方に益のない結果で終わってしまいました。

平和を願い平和を唱えれば中国の軍艦は尖閣諸島から去っていくのか。
領海侵犯を繰り返されている事実に対して、
そこに一番近いところにおられる沖縄の方たちが、
石垣島の住民の方たちほど危険を感じないでいられるのだとしたら
何をかいわんやになりますけれど・・・・

> (中略)説明不足だ。トコトンここのすり合わせをやれば政府案に収斂するはずだ。
それをおカネで事足りると考えていたとすれば油断である。

その通りだと思います。
名護市長選は緒戦であるという意識だったのかもしれませんが。
この両日、選挙の結果に対する普天間の住民の方たちの声が聞かれないこと、
それも残念です。

みんな大事なことを忘れている。

こたびの選挙結果が稲嶺陣営の戦術論であったり、敗れた選対陣営の不在であったり、立候補者の玉そのものであったりすることはそのとおりでしょう。

でありますが、中央政府や沖縄県関係者はもっと大事なことを忘れているのではないか。それはなぜ普天間移設するか?危険だと言うことはみんな分かっているが、なぜ辺野古なのかの説明がまったく足りない。もっと大所から俯瞰すればなぜ沖縄に基地を置くのかも説明不足だ。トコトンここのすり合わせをやれば政府案に収斂するはずだ。それをおカネで事足りると考えていたとすれば油断である。中央政府、安倍首相が沖縄県知事と差しで会談して了解を取り付けたのも安心したのかも知れない。名護市長にも同席させるべきだった。

むずかしい話じゃない。言うなれば「中央政府=沖縄県=宣野湾市=名護市」が一本化・一体化しなかったことがこの結果を招いたと言えよう。こうなれば、国及び県の行政代執行しか進展はない。

ps:辺野古の海を埋め立てて滑走路を造ること(これも負担軽減策)も一蹴されてしまった。稲嶺市長は感情論を述べるのでなく、ここへの説明も不足している。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。