スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京漬物・・・・大徳寺傍の 「大こう」本店

P4113005.jpg



京都で暮らすようになって楽しみの一つになったものに、
京漬物があります。わが家の食卓に欠かせないものになりました。

こちらに来てからご縁が出来た方たちやご近所の方から、
お漬物を本当によくいただくので、それで覚えたという感じで、
初めて食したお漬物も実に多いんです。
また、それぞれご贔屓のお店があるのでしょうか、
同じ「すぐき」でも驚くほど違うんですよ。

京漬物というだけあって、京都には漬物のお店もたくさんあり、
和菓子処と同様に、本当に驚くほどあります。

そして、気に入ったお漬物のある同じお店でも、
このお漬物ならあっちのお店の方が美味しいなあとか、
好みじゃなかったはずのものでも試食したら俄然好きになったりとか、
冬の京漬物の代表格の「千枚漬け」でも、お店によってお味はさまざまで、
あっさり系、しょっぱい系、同じお漬物とは思えない程。

また扱っている種類も実にさまざまです。
ええっ、こんなものまで漬物にするの?と驚かされたり、
季節によって作られるお漬物も異なってくるので、

京漬物は奥が深いなあ、と

京漬物のお店探検にも励みたいと思うまでになりました。



ということで、自転車でお漬物を買いに出掛けるお店のご紹介です。
大徳寺そばの「大こう」さん。自転車で20分くらいです。
店内に入ると、目移りして困るほど!

★大徳寺のすぐ近くにあります。⇒「大こう」



P4113002.jpg


そのままでいただいて美味しいお漬物やお茶漬け用のぴったりのお漬物、
ご飯とお味噌汁といっしょにいただくと最高!だと思えるお漬物や、
他の食材と合わせてお料理する材料としてバッチリのお漬物などいろいろ。

お料理に応じてどのお漬物にするといいか、
そういうことを考えさせられるようになりました。

まだ先ですけれど、春キャベツや菜の花のお漬物ならNのお店のが好きで、
春キャベツのお漬物はNの春キャベツしか食べなくなりました。同様に、
奈良漬ならあそこのお店、すぐきならあっちのお店というふうに、
他のお店のものでは食べたいと思わなくなった漬物の場合、
出掛けて行くしかないですね。

赤カブのお漬物なら絶対ここ!大こうさんなのであります。
娘はここの「ごぼう漬」が特にお気入りです。
千枚漬けもコクがあるけどあっさり系で、好みなんです。
好みは人様々ですけれど、試食は自由にできますのでおススメです。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 美味しいもの
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。