スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都最古の禅寺 建仁寺 Kenninji Temple (7)・・・・本堂中庭の「潮音庭」と「○△□乃庭」

P1242711.jpg



本坊の渡り廊下の景観が目に入ってきたとき、解放感からかホッとしました。
こうした晴天のときもいいけれど、雨の時や雪の時はさらに素敵だろうなあと。



P1242713.jpg


方丈と書院をつなぐ渡り廊下の中庭は「潮音庭」(かいちょうてい)と呼ばれ、
以下のように、小堀泰巌という老師によるものと書かれてありました。
小堀遠州と縁のある老師の方かしらなどと思ったら、大きな間違いでした。

ご参考までに⇒小堀泰巌老師


P1242707.jpg


老師の作庭を監修された北山安夫という方が造園師なのでしょう。
そう思って調べてみたら京都の造園家の方でした。


ご参考までに⇒北山安夫



大方丈と書院をつなぐ渡り廊下の潮音庭 三連の庭


中央に三石を置き、東側に置かれた石は座禅石、
いまは枯れているけれど、庭木として植えられているのはモミジ。


P1242741.jpg


新緑の頃から涼しげな緑陰を作る真夏のころ、そして紅葉する頃とそれぞれに、楽しみが期待される庭。



P1242738.jpg


それだけに、石がこうしてむき出しに置かれた状態の四方正面の庭というのは、
何だか頼りなげで味気なささえ感じてしまいました。
庭を眺めることはかなり好きなのですけれど・・・・


庭と言えば、こちらの庭も。


○△□乃庭


シンプルで不思議と見飽きない庭だなあと思って、写真をパシャ。
しばらく眺めて去りましたが・・・

この庭にもちゃんとした名前が付けられておりました。


○△□乃庭ー2


何と、「○△□乃庭」という名前。この庭の中にある○と△と□を探してみてください。
その形は宇宙の根源的形態を象徴し、禅宗の四大思想である以下を現わているとのこと。

すなわち、地(=□)水(=○)火(=△)

そんなことをわざわざ言わなきゃいいのになァ・・・これだから禅って・・・
と思うわたくしなのでありました。


★About ”○△□ Garden”

A Square this garden fronted by priest't loving quarters,abbot't quarters,and reception room. its design is based on the famous ○△□ calligraphic work by Sengai Gibon. sengai was abbot of Shofukuji temple.Japan's oldest Zen temple founded by Eisai Zenji who also founded Kenninji. The idea behind the "circle,triangle,square" is that all things in this universe are represented by these forms.


P1242740.jpg


見飽きないですね。こういう和建築の美しさは。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日本文化
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。