スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年3月に見た映画(1)

大震災から3年を迎えていろいろのことを考えさせられておりますが、そのことは、3年目を迎えての報道番組が落ち着いた頃に書こうと思っています。今日は、娘の卒業式のため在宅です。久しぶりにネットをする時間が朝からたくさん持てています。映画の備忘録。月末にまとめて見た映画をアップしようとすると忘れてしまうので、何回かに分けてアップすることにしました。


mibu.jpg
(やはり、中井貴一には時代劇に出てもらいたい。ドラマのサラリーマン役なんぞ見たくないぞ、と)

壬生義士伝(2003年製作 滝田洋二郎監督)

映画館で見て以来なので、何年振りでしょう。随分久しぶりに見ました。
たまたまではなく、見たいと思って見ました。今回は家で一人で見たせいか、歳をとったせいなのか、号泣!
本当に泣けてしかたがなかったです。泣けたお陰で何かが癒された・・・
ところで、記憶っていい加減なモノだと改めて思い知ったのは、ラストを覚えていなかったこと。
このラスト、はたして余分だったのか。今回は、このラストのお陰で気持が救われたなあと。




ラストマン スタンディング
(何を見ても、ブルース・ウィリスはジョンにしか見えなくなってしまったわたくし)

ラストマン・スタンディング(1996年アメリカ映画。ウォルター・ヒル監督)


アクション映画ファンの私としては、この監督の映画は、もしかしたらそのほとんどを見ていると思われるのだけれど、本作が、黒澤監督の「用心棒」をベースにしたギャング映画というのはイマイチ納得できないなあと。「荒野の七人」の方がまだ黒澤映画の西部劇版として納得できたのは、ユル・ブリンナー他の配役が成功しているからで、本作はどうも違和感が否めない。マッチョなブルース・ウィリスの優しさに男のロマンを感じる人はそうは思わないかもしれないけれど、見ていると、ギャグなのではと思ってしまう表情のシーンがたくさんあって、ブルース・ウィリスのファンではあるけれど、本作ではやはりミスキャストではないかと。





将軍たちの夜
(ピーター・オトゥ―スが中年のころに演じた役を、彼のように演じられる俳優はいまいないですね)

将軍たちの夜(1966年アメリカ映画。アナトール・リトバーク監督)


古い映画です。アナトール・リトバーク監督は往年の名監督で、どこの国の映画監督か分からない程、多国籍的。本作は当時のスター総出演といった感じ。ナチの軍服姿が出てくるので、戦争映画と勘違いしてしまいそうになるけれど、れっきとしたサスペンス映画。「アラビアのロレンス」で一世を風靡した当時のイケ面俳優のピーター・オトゥールという俳優は、こういう役をやらせると背筋が寒くなるほどの凄味を感じさせますね。アラン・ドロンの野卑さがない紳士然としている分、凄味があると言えばいいのか。サスペンスがお好きな方におススメです。





父の祈りを
(いまや名優なれど若かりし頃のダニエル・ディ=ルイスよりも、ピート・ポスルスウェイトの存在感が素晴らしい)

父の祈りを(1993年製作イギリス映画。ジム・シェリダン監督)

冤罪映画は、見るたびに、「冤罪だけはてはならないことだ」という思いを必ず抱かされる私なれど、この映画は、1970年代のIRAによるロンドンでのテロ事件であるあり、ギルドフォード・パブ爆破事件の犯人として冤罪で逮捕され服役することになったアイルランド人の若者とその父親の、再審への長い戦いを描いたものとされるけれども、主演が、「リンカーン」を演じきったダニエル・デイ=ルイスの持ち味があまり出ていないように思われたせいか、イギリス司法界史上最大の汚点とされる冤罪事件にもかかわらず、イマイチ、深い感動を覚えなかったのはなぜかしらと。
獄中で亡くなる父親役を演じたピート・ポスルスウェイトは、素晴らしかった。






クリストル・ヴァルツ
(クリストル・ヴァルツ、好きな俳優です。男性としてもマイタイプ。いいなあ・・・うふ)

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作 タランティ―ノ監督)

タランテイ―ノ監督の前作『イングロリアス・バスターズ』で一番印象的だった悪役ナチ役のクリストフ・ヴァルツが、今回は善玉で魅力全開となった作品で、極上のエンターテイメントに仕上っていることを再認識。キャスティングが、とにかく奮っている。何度見ても面白い。個人的には、本作がタランティーノ監督の映画の中で一番好きだなあと。






empiresun020.jpg

太陽の帝国(1987年 スピルバーグ監督)


これもいまとなっては古い映画になってしまったかもしれません。なにせ、出演陣が、「ああ、こんなに若かったんだ」と驚いてしまうからで、主演の子役ジェイミーは、バットマンのクリスチャン・ベールですし、ジェイミーが友達だと語った特攻隊員の日本人少年は、何と、片岡孝太郎なんですから。
前回みたのはいつだったか。こうして年を経て見直してみると、とてもいい映画だと改めて思いました。
この映画でもラスト、ジェイミー少年が子供の顔に戻った瞬間、泣けてしまいました。

以下、おまけ。

91354efca66f52425a8f772404644e57.jpg
(主演のジェイミー少年はクリスチャン・ベール。隣のベイシー役は:ジョン・マルコヴィッチ)


a0212807_21595678.jpg
(クリスチャン・ベール少年の隣にいるのが片岡孝太郎)

お三方の現在は、以下の通り。

444px-John_Malkovich_KVIFF_2ジョン・マルコヴィッチ 太陽の帝国 ベイシー役

76fe31b7.jpg

img_1214401_38639702_1.jpg


映画の楽しみ方には、こういう楽しみ方もあるということで。
映画ファンとしては、お若い方にはこう言いたいわたくし。「映画を見ない人生は、人生の半分を損する」ぞと。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

Re: 映画は面白いからこそ観たい。

りんたろうさん、レスが遅くなりごめんなさい。

>『ジャンゴ』は僕もタランティーノ最高傑作と思います。

同感です。ホント、実に良く出来ていてあっという間に二時間ですよね。

>最近、『大統領の執事の涙』、『それでも夜は明ける』を観ました。両者とも凄く良かったです。

まだ観ていないけれど、ああ、観たい!

『グローリー』も良い映画でしたね。
黒人に限らず差別から立ち上がる映画はいずれも、自由を求めて立ち上がる映画という意味で、
わたくしも好きな映画です。自由を求める・・・面白くないわけがないのです。
この場合の「面白い」はアミューズメントではなくインテレスティングですもの。

No title

 『ジャンゴ』は僕もタランティーノ最高傑作と思います。

 最近、『大統領の執事の涙』、『それでも夜は明ける』を観ました。両者とも凄く良かったです。

 そういえば、『グローリー』(南北戦争の黒人部隊の話です)もすごく好きな映画だし、黒人が差別から立ち上がる映画って好きなんだなあ、と再認識です。

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。