スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 尾形光琳邸宅跡・・・・「美に出会えば、人生を失わずに生きていける」

CGによる「紅白梅図屏風」の復元想定図 ブログ
(光琳の代表作の一つ「「紅白梅図屏風」(CGによる復旧画)」)


尾形光琳と言えば、日本画で琳派と称される画風の始祖として有名ですが、
その後の日本のアート世界に大きな影響を与えた人物として
忘れてならない江戸時代の大アーティストです。

家がお金持ちで親の資産を食いつぶしたような典型的な道楽息子で、同時代に生きていたら、
果たしてこの道楽息子に魅力を感じたかどうか不明ながら、
その分だけいい仕事をしてくれたので、美術を愛する一人としては良しと思っています。

その尾形光琳の邸宅があった所に、
いま、立てられている石碑をご紹させていただきますね。


★ご参考までに⇒尾形光琳←お急ぎじゃない方は5分間で済みますからクリックしてご覧ください。活字が多いですけれど。


P3120968.jpg


尾形光琳の邸宅跡、御霊神社に立ち寄った際、散策中に見つけました。
地下鉄烏丸線鞍馬口から上御霊神社方面に入った住宅地の路地の角にあります。
この鞍馬口というのは、鞍馬山の入口というのではなく、
北大路と今出川の中間の住宅地で、街中です。


尾形光琳の「紅白梅図屏風」(の一部)は、
日本画の模写を学ぶ時の手本にされることが多いですが、


kakitsubata『燕子花(かきつばた)図屏風』


こちらの「かきつばた」の屏風も素敵ですよね。
屏風の前に立って眺めれば、「カキツバタ」の美に圧倒されそうになります。


世の中、溜息が洩れるような事件が続いています。
さぞかし、皆さまも憂鬱な思いを抱いておられることでしょう。

ストーカー殺人だの、出会い系サイトで出会った人に殺害されたりだの、リベンジポルノだの、
ネット普及に対する無防備なせいなのか、卑劣な犯罪が際限なく起こっており、
金銭目的で高校生が中学姓を殺害したり、労働基準法違反の労働を強いた(強いられた)り、
悪循環で多くの乗客が死傷する高速バス事故も繰り返され、通り魔殺人事件だのも繰り返されて、
人間性が壊れてしまった犯罪が後を絶たないです世の中です。

どうか、テレビを消して(出来たら、テレビを処分し)
ネットユーザーは、時間を決めてネットにアクセスし、それが出来ないなら(依存気味になったなら)
接続を絶って、一度、脳内をクリアにしてみてほしい。

体を動かすという意味では、ウォーキングやスポーツもいいけれど、
室内でならストレッチ、戸外なら公園で日向ぼっこしたり散策でご近所の庭木や花を眺めたり。
それで不審者に間違われそうな人は、お近くのギャラリーや博物館に出掛けてみる。
近くにないなら、ちょっと遠出して美術館に出掛けてみる。

美に出会えば、人は人生を失わずに生きていけるから。

尾形光琳邸宅跡に立った時、そんなことを思いました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 京都
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。