スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災時の「率先避難者」(2)・・・和歌山県串本町の心構え

P3105083.jpg


今度は、同じ串本町の小学校の「毎日の」「避難訓練の」ご紹介です。

早い!そして、速い!


P3105073.jpg

これにも驚きました。皆さんはこれまでどんな避難訓練を体験してこられましたか。
こうした訓練時には、決まってふざけたがる年頃の子供たちもいるだろうに、
ギャングエイジと言われる小学3,4年生も真面目に真剣に走っているのです。

ここ串本町は東南海大地震が発生したら、
その直後の大津波の襲撃まで3分の猶予しかありません。
こうした地域は、この串本町に限った話ではありません。
去年の夏、旅をした高知県でも同じはず・・・・


P3105086.jpg
P3105075.jpg


その避難所まで3分以内に辿りつかなければ、大津波に飲み込まれてしまう。
だから、避難路を毎日、走る、そこにある長い石段を懸け登る・・・・
早く避難に取り掛からないとだめなんです。速く走れるようにならないとだめなんです。

だから、「毎日」訓練しているのです。


P3105087.jpg


授業の進行の妨げになるなどと言う親や保護者やいないに違いない。
校庭まで2分、避難所まで3分、集合場所での点呼に数分、掛ける2という時間を、
命を守る「率先避難者」になるためのその時間を、惜しまなければならない理由がどこにあるだろう。

ここにはモンスターペアレンツなど、存在しようがない。



P3105076.jpg


親なれば、先生の言うことをちゃんと聞いて、まじめにやれと、
そう諭すことでしょうし、こうした労を惜しまない学校と先生に対して信頼し、
わが子を学校に行かせることに安心し感謝の思いこそ抱くはず。

夕食の場では、今日は3分以内に山頂に着いたと報告する子供に、
親は、よく頑張った、明日も頑張れと、自分の命は自分で守れと、繰り返し教えることになる。
そして、震災時の対応についても家庭での話し合いが広がっていく。


P3105088.jpg


子供たちを避難率先者にする指導と教育は、決して自己中な子供を育てない。
ここでは、命の尊さは皆同じだということを頭と心と体で学ぶことができるからです。
毎日走れば、脚力もついて丈夫にもなる。
子供たちがそれぞれ3分以内に避難所に辿りつけば、一体感も生まれるに違いない。

いじめや不登校や登校拒否の子供もいなくなる。

自分の命が助かったとき、友達や他の人たちの命も助かって欲しい。
周囲にも目が向いてくる。


P3105080.jpg


温厚で物腰も柔らかいな先生ですが、本気です。

P3105085.jpg


本気で、学校にいる子供たち全員の命を、地震後の大津波から守るために、
毎日、いっしょに避難所まで走る訓練をしておられる。

どこかの学校でのように「こなす学校行事」としての避難訓練ではないんです。
真剣なんです。本気でやっておられる。

だから、同じ地域の住民の方たちの「思考」が動き出すのです。




P3105079.jpg


津波がきたら、そのときは仕方がないと言っていた地域の方たちの心が覚醒し、
高齢者もお身体がご不自由な方たちも、死ぬ時は一緒だからと言っていた方たちも、
それまでの思考停止状態ではいられなくなったのです。

ふうふう言いながら時間をかけて石段をやっとこ上っていたという方たちも、
この「毎日」の30分間程度の訓練によって、毎日参加できるわけではなくとも、
参加していくことによってどんどん足腰が鍛えられてきているようです。


P3105081.jpg


ご高齢者の方たちの表情が、以前とはまるで別人でした。

途中から見たので、どれだけの時間をかけて取材された番組かは分かりませんでしたけれど、
震災から3年を迎えた特集番組の中で、もっとも印象的で心に残るものでした。

希望が、そこに見えたからだろうと思います。


P3105084.jpg


多くの方にこの串本町の小学校の取り組みを知っていただき、
学校や幼稚園保育園で始まった「毎日の避難訓練」の実践にヒントを得て、
自分たちにできることをお考えいただけたらと思いました。


P3105054.jpg


東北には「いのちてんでんこ」という言葉があります。
それが風化した矢先の大震災でもありました。だからこそ、
子供たちを「避難率先者」とする訓練と指導を始めていただきたいと切望します。
この和歌山県串本町の心構えが、県内に、そして、他県にも広がっていくことを期してやみません。


★しばらく不在のため、本記事も予約投稿によるものですが、異論反論でもコメントをいただけたら嬉しく思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。