スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都 法然院 Honen-in (1)・・・・茅葺の数奇屋造りの山門

今日はお花見に出掛けるので、以下は、その留守中の予約投稿に。


法然寺 はじめに


銀閣寺から南に下る道として疏水に沿った「哲学の道」がありますが、
その道から一本山側に入ったところを並行して走る道があり、
この法然院は、その鹿ケ谷にあります。

日も陰り始め、あまりに静かで見逃してしまいそうなほどですが、
この日、春の一般公開の最終日でしたので、
多くの方は早々に拝観されたのでしょう。

法然院の伽藍内は、普段、非公開で、毎年、春の4月1日から7日までと
秋の11月1日から7日までの年2回だけ一般公開されるのですが、
のんびり花見しながら歩いてきたせいか、
わたくしたちは閉館数分前の最後の参拝者となりました。


法然寺 はじめに2


閉館間際に入ったせいか、出会う人の姿はほどんどなく、
閉館間際だったのに、参観後は「春の特別公開」の寺宝をゆっくり拝見できました。
受付に間にあったときは、走り過ぎて、息は、ぜえぜえでしたけれど。


法然寺 はじめに4 円光大師


法然院は、その名の通り、浄土宗のお寺です。
以前にもご紹介しましたが、円光大師というのは法然の勅諡(ちょくし)号。


法然寺 はじめに3


この「歴史的風土特別保存地区」というのは、
「光悦寺」のご紹介の時にリンクを貼らせていただきましたけれど、
初めての方は、どうぞクリックしてお読みになってみてくださいね。

大急ぎで山門を走ってくぐりぬけたので、山門までのアプローチの素晴らしさを、
風情あるその山門の写真を撮り損ねてしまいましたので、
ネットから以下の画像のみ拝借いたしました。


2008041318.jpg
(ネットから画像を拝借した法然寺の山門)


この茅葺で数奇屋造りの山門は、法然院を象徴しているかのような情緒で、
新録の頃も素晴らしいけれど、紅葉の季節もまた素晴らしい。
写真でしか見たことはないけれど、雪の積もった法然院も見飽きない佇まい。
いつか雪の日に訪れたいなあと。


★ご参考までに⇒法然院(←クリックしてご覧になって見てください)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 神社仏閣
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

法然院

昨年、法然院で行われたインド音楽のコンサートへ行きました。しかし、この記事を読むと、(慌ただしく立ち寄っただけなので)もっとゆっくりするべきだったと思います。日々、このように過ぎ去るのですが(汗)

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。