スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境省は努力しているけれど、本当に地球は温暖化しているのか。

環境省は今週(15日)、2012年度の温室効果ガス総排出量(確定値)が13億4300万トンで、
1990年度比で6・5%増だったと発表。12年度までの5年間の平均は、
海外から温室効果ガスの排出枠を購入する制度などを活用した結果、90年度比8・4%減、
6%減を義務付けた京都議定書を達成していたわけです。

福島第一原発事故後、12年度は原発がほとんど稼働せず、
火力発電への依存が高まったため、排出量が増加。
前年度比2・8%増で、90年度比では6・5%増とのことながら、
景気後退の影響で排出量が減った年もあり、総体的に見れば、
排出枠購入制度などを利用し、排出量を抑えられたということでした。

さて、こうした数字のデータと実感というのは別なわけで、
わたくしは、最近、CO2の排出量削減問題の原因とされる地球温暖化について、
本当かなあ・・・という思いを抱くようになりました。
そもそも、CO2排出量の権利という観念にどうしても納得がいかない。
地球環境の問題がすっかり世界経済の問題になっている。
自然再生可能なエネルギー開発実用化にこそ、そのお金を使えばいいものを。


以前から、ネットなどでは「地球は温暖化してはいない」といった記事を散見してはいたけれど、
石原都政以前の東京に住んでいた期間が長かったせいか、昔と比べて年中気温は比較的暖かく、
季節の移り変わりもあまり感じられなくなった気がする程で、夏はもはや猛暑続きで、
光化学スモッグ警報も発令されて日中の外出もままならないことも続いたせいか、
地球温暖化という言葉は、そのまま、実感として受け止められていました。

夏を普通に暮らせなくなってきた東京を離れ、仙台に転居してからというもの、
冷房の要らない夏に安堵し、亜熱帯化した東京の夏から脱出できたことに感謝していたものの、
仙台も冬は比較的暖かく、冬になっても雪はちらつく程度。
今年のような大雪はここ数10年聞いたこともなく、滅多に降り積もることもない。
もともと仙台は太平洋に面して広がる仙台平野にある都市なので、
市内は雪は滅多に積もらず、雪かきをする必要もない暮らし。

暖冬続きとはいえお正月に紫陽花やツツジが開花する異常現象を目の当たりにし、
しかも、県北の田舎でもそうした現象が見られるとあっては、
いよいよ地球温暖化なのだろうとCD2排出削減策も見守ってきました。
そこに、あの東北大震災が発生。

それ以前から震度5強を超える地震が毎年のように内陸部で発生していたので、
いまに震度6強あるいは7に迫る宮城県沖地震も来るだろうと、
防災対策を進めていた次第だったけれど・・・・破格の地殻変動でした。

気になるのは、こうした地震が世界各地で続いていること。
大きな地殻変動が世界各地で起こる現象は、地球寒冷化の折のパターンと重なるといいます。
実際にこのところの大地震を10年単位で振り返ると、
こちらの説に説得性があるような気がしてきました。
専門家ではないので、両説のデータの読みはよく分からないし、あくまで、これ、感覚的なもの。


P4176420.jpg


この本、書店で手に取り、思わず買ってきて読みました。
京都大学大学院工学科教授の河合潤氏の著作です。

これで、富士山でも噴火し始めたら、地球は温暖化ではなく、
実は、寒冷化期に入ったということにならないのかしら。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 地震・天災・自然災害
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。