スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孫猫(1)

keisaishashinn1.jpg


孫はかわいい・・・よく耳にします。
目に入れても痛くないとも。(実際にはどんなに頑張っても孫は目には入らないですけれど)

孫なんか要らないと豪語していた知人友人も、気が付けば、
猫っ可愛がりというか、滅私奉公という有様です。
早い人は、40歳でお孫さんができましたが、晩婚化の進む現代では、
祖父母というより親に見えます。

そう言うと、孫は預かったりすると気遣いして大変よと言いながらも、
まんざらでもない様子で、よく分からないというのが正直な気持。


けれど、その気持ちが分かる気がする・・・と思ったのは、
冒頭の写真の猫さんを預かることになり、預かったからでしょうか。

実は、この猫さん、わが家の愛猫のキリコの娘猫なのです。
あの「14歳の母」のごとき初産から、はや1年が経ち、
よもや、手放した子猫を、こうしてそばにおける日が再び来ようとは、
短い限定期間とはいえ、わが家には僥倖です。

母猫キリコは、この子が自分の産んだ子猫の成長した姿だということが分かるかしら。
この子は、ここが生家だということに気付くかしら。


初日、愛する飼い主さんから離れたばかりのお利口な猫は、まず、状況把握をします。

生後間もない頃からお利口だった長女猫でした。
その後、飼い主さんのパートナーとして慈しんで育てていただいていることを知るにつけ、
この子には何とも言えない信頼感が、すでにありました。


一日目、

想定通り、部屋から出てこず、襖を開けると隠れてしまい、娘が「どうしよう」と不安げ。
用意しておいた食事も取ろうとしませんでした。
けれど、ちゃんと、トイレをしていましたので、大丈夫だと確信。

この続きは、また明日。



★このブログ記事は、予約投稿記事です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 猫のいる生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 キリちゃんがキューっとこの娘を抱きしめていた写真を思い出します。

 …一年も経ってましたか!?

ブロとも申請フォーム

★リンクフリー

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

★RSSフィード

QRcode

QR
管理人

月光院璋子

Author:月光院璋子
自由の享受を幸せと実感する人間です。相手の自由を尊重できる方は幸い。自由のために戦える生は尊い。
自由=愛です。

【Thank You】
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
いま、雪が降る
★お知らせ★
最新記事
Bookmark
月と遊ぶ
最近のコメント
★お花が好き♪
月別アーカイブ
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ内検索
新しい家族(=^^=)
いつでも里親募集中
★月光の下で
カテゴリー
★閲覧のBGMに・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。